« お値打ちセーラー服 | トップページ | 母親の心配 »

2006年10月27日 (金)

小さな尻の女王さま

 日本には二種類の「女王」さまがいる。一つは皇室典範で決められている「三世以下の嫡男系嫡出の子孫の女性」。要するに天皇陛下かご兄弟の女のお孫さん。このたび生まれた悠宮さまのお姉さんお二人は法律上の正真正銘の「女王」さまなのである。
 もう一方は、ガラリと世界が違って、風俗業界でマゾのお客を相手にサービスする女性のこと。黒い網タイツをはいて右手に鞭、左手にロウソク——というイメージの、あの女性たちですな。
 ディープな世界ではあるけれど、需要あれば供給ありで、東京だけでも何百人という数のプロの女王さまがいる。
 そういう女王さまに憧れる男性たちのための雑誌があって、魅力的な女王さまがズラリと顔を、というか体を並べておられる。つまり女王さまカタログ。
 ある時、その雑誌で女王さまを撮影しているカメラマンに話を聞いたことがある。
 どんな職業でも苦労話というのはあるもので、彼の場合はと聞いてみると「女王さまのお尻が小さい」ということなのであった。
 女王さまという商売は、マゾの男性を圧倒し屈服させ支配することがメインであるから、冷酷な印象を与える美女であることは言うまでもないが、それに加えて堂々とした体格でなければならない(必ずしもデブということではないよ)。
 多くのマゾ男性が望むプレイは「ガンキ」——顔面騎乗というやつで、あお向けに寝た男性の顔の上に女王さまがお尻をデーンとのっけるプレイである。
 そのためのお尻は大きければ大きいほどいいわけで、多くのマゾ男性はバーンと張りだしドーンと重量感のある、迫力満点の堂々としたお尻を渇望する。
 ところが実情は、そのカメラマン氏が嘆くように、重量級お尻の女王さまは「めったにいない」のである。
「年々、女王さまのお尻は小さくなっていますね。形はいいんだけど重量感がない」と嘆く彼に「でも表紙にはいつも、ドーンというお尻がのっかってるじゃないですか」と言うと、苦笑して秘密を明かしてくれた。
「あれは苦肉の策で、画像ソフトを使い大きく見えるように加工してあるんですよ。そうでもしないと見栄えがしないんです」
 女性のお尻が小さくなって困る業界もあるのである。この「小尻化」はやはり「少子化」と関連しているのだろう。なんとかしないと国が滅びるぞ。

(参考画像は顔面騎乗専門SMクラブ『スウィートスメル』
http://sweet-smell.com/index2.html
のギャラリーより)

Ganki_09

|

« お値打ちセーラー服 | トップページ | 母親の心配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27542/12450022

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな尻の女王さま:

« お値打ちセーラー服 | トップページ | 母親の心配 »