« 笑う射精 | トップページ | 桜とSM »

2008年3月28日 (金)

男性用ブラジャー

 ここ三、四年、しきりに「ブラ男」のことが話題になってきた。「ブラジャーを着ける男性」だからブラ男くん。
 ぼくは知る人ぞ知る女装小説作家でもあるから、女装する友人知己愛読者は多い。だから「ブラ男」についての話題には無関心でいられないのだが、どうもいま一つ、分からないところがある。
 女装を趣味とする男性は大きく二つに分けられる。完全女装と下着女装だ。完全女装は顔や髪形をバッチリ女に見えるようにすること。外出も出来るようになれば一人前の「完女」だ。
 一方、そこまでの自信がない男性、初心者などは下着だけ女性のものにして、首から下の「女になった自分」だけを眺めたり撮影したりして楽しむ。「首下女装」ともいう。
 こういった下着女装愛好者は女性下着の肌触りやセクシーさに魅惑されているわけだから、四六時ちゅう、たとえば会社で働いている時も女性下着を着けていたい、と考える。そういう人はけっこういて、時に下着女装状態で事故に遭い、それで家庭が壊れたなんて話も聞く。
 ぼくは「ブラ男」というのは、そういった下着だけ段階の女装愛好者だとばかり思っていたら、そういう人もいるけれど、そうじゃなくて「男がブラジャーを着けることの緊張感を味わうため」というブラ男が多いんだって。だから下はブリーフやトランクスなどの男性下着。「下も女性用だったらただのヘンタイじゃないですか」と言うブラ男もいるんだそうだ。
「???」とぼくは頭が混乱してしまったよ。ぼくに言わせれば女性下着に魅せられてブラとショーツ、どちらも女モノを着けるのが「正常」で、「ブラだけ」というほうがヘンタイに思える。どうしてそんなハンパなことをするんだろうか。「体を締めつける緊張感がたまらない」と言うのなら腰痛防止用のコルセットを着けたほうがよっぱど健康にいいと思うけどね。
 しかも彼らの中から「男性用のブラジャーを作って欲しい」という要望も出ているんだそうだ。そりゃ女性とは胸板の厚さが違うから男の肉体に合うブラジャーは見つけにくいだろうけど、しかし、そんな男性用に作られたブラジャーを着けて楽しいんだろうか?
 いやまあ、人の好みはいろいろだし、まさにニッチ(隙間)な商品だから、出せば以外とヒットするかもしれない。反対はしないけど、しかし……、どうも納得できないぞ。(笑)

 

|

« 笑う射精 | トップページ | 桜とSM »