« 関西のエロパワー | トップページ | 男の悲しい本性 »

2009年10月21日 (水)

宇宙でセックス

 このところ、性体験を告白した応募原稿をずっと読んでいた。なかでも面白かったのは「変わった場所でのセックス」に夢中になる男性の話。映画館や公衆トイレは言わずもがな、墓地、競馬場、公衆電話、ビルの屋上、踊り場……いろんなところでセックスしてきた自慢話を書いている。
 官能小説、ポルノ小説というのは「非日常の性的快楽」を描くものだから、夫婦が自分の寝室でセックスしてるのを描いても誰も読まない。変わった場所でセックスすると喜ばれる。作家もそういう読者の欲求に対応しなきゃならないから大変だ。
 先頃、NASAの国際宇宙ステーションに日本が組み立てた実験棟がドッキングして、いよいよ大掛かりな実験が出来るようになった。そこで期待しているのが「宇宙でのセックス」だ。
 いずれ人間はどんどん宇宙へ進出してゆく。そうなると宇宙でセックスするのは当然のこととなる。これまでも男性に混ざって女性の宇宙飛行士(向井千秋さんとか)が宇宙船で旅行しているが、短い期間だからその間は禁欲だ。まあ向井さんは人妻だから宇宙船のなかではやるわけにはゆきません。しかしそのうち、恋人同士とか夫婦が宇宙ステーションに送られることになると思う。つまり「宇宙でセックスしてもOK」というカップル。
 もちろん彼らは宇宙でセックスするとどうなるか、という人体実験の貴重なデータをもたらすわけで、これはもう科学者ばかりではなく一般人も関心を抱かないわけにはゆかない。注目の的になるだろう。
 ところで無重力になる宇宙空間で、果たしてうまく男女が結合できるかという問題がある。ふわふわ空中を漂っている時、どこかに力がかかれば、必ず反対方向に力がかかる。うっかり空中に射精したりすれば、男性は反作用で後方に飛ばされるんじゃないか。そうすると、どこかに捕まったり、体をくくりつけたりしてセックスするんだろうか。それだとあまり情緒がないね。
 無重力空間でセックスする男女の話はSFでは何度か描かれているけれど、想像で書いてるからウソ臭いものが多い。果たしてどんな気持ちがするのだろうか。ぼくの目が黒いうちにカップル宇宙飛行士にぜひ実行してもらいたいものだ。女性飛行士は「宙に浮いたような気持ちです」と言うかな。(笑)

|

« 関西のエロパワー | トップページ | 男の悲しい本性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関西のエロパワー | トップページ | 男の悲しい本性 »