« 乱交を考える | トップページ | 騎乗位をもっと楽しむ »

2010年10月29日 (金)

性的マイノリティの敵

 ちょっと腹の虫が収まらないので、予定していたテーマを変更して、これを書こう。
 先日、ゲイ関係者の間で拍手喝采が起きたことがある。参院決算委員会で民主党の松浦大悟議員が「自殺者対策」について質問するなかで「性的マイノリティ(少数派)といわれる人々に配慮が必要ではないか。たとえば国勢調査の時、ゲイカップルが「配偶者」の欄に記入すると誤記とされている。そういう無思慮が自殺ハイリスク層を生む原因となっている」と、国側の対応を求めたのである。
 ゲイ関係者に言わせると、ゲイやレズ、性同一性障害者など性的マイノリティの問題が国会の場で公に論議されたことはかつてなかったことで、この質疑は国会史上でもゲイ問題史上でも画期的なことだったらしい。
 男女であれば、愛し合って一緒に暮していれば財産は二人のものだから、一方の死後は残されたものが遺産として相続できる。しかし結婚が認められていないゲイカップル(レズも含む)は相続の権利さえ認められないのだ。しかし徐々にではあるが、世界中で性的マイノリティの権利は認められてきている。
 それはいいのだが、松浦議員の発言のなかに驚くべきことが述べられていた。国勢調査の配偶者扱いのことで松浦議員が総務省の担当課長に面会し、性的マイノリティの存在にも配慮するように求めると、その課長がこう言ったという。
「先生もお地元を抱えていらっしゃるんでしょう。こんな問題に興味を示すより、地元活動をされたらどうですか」
 要するに松浦議員の要請など「知ったことではない」と言ってるわけだ。性的マイノリティに関することなんかやっても出世の役に立たないってことなんだろう。まあ正直な課長さんであることよ。(笑)
 それにしても「こんな問題に興味を示すよりも」という言い草がすごいね。いやあ霞が関の官僚は、国会議員なんて頭から舐めきってることがよく分かる。
 官僚たちの頭のなかには「出世と利権」しか無いのだろうか。法的に不公平な立場にいて不幸になる国民をどうやって救おうか、などということはどうでもいいんだろうか。
 こんな連中が国民の税金にたかってのうのうと暮らしていると思うと、まったく頭にくるねえ。うーむ、この怒り、どうしてくれようか。

|

« 乱交を考える | トップページ | 騎乗位をもっと楽しむ »

コメント

日本の裁判官では期待薄ですね。
法律の塔に籠って世間知らずと思われているから裁判員制度が出来たので、そんな裁判官が同性愛カップルの事実婚を認めるとは思えません。

投稿: 黒木仙伍 | 2010年10月31日 (日) 23時46分

名前入れました。養子縁組という制度が今のところ同性愛の結婚として機能していますから、あるいは判例法としても難しいという意見もあるみたいですね。それでも裁判官がどう判断するのかはわかりませんけど。裁判官は世間知らずだからこそ、先進国の真似をする傾向があるともいわれているので、案外、近年中に最高裁で認める判決がでてもおかしくは無いと思います。

投稿: 壱 | 2010年11月 1日 (月) 03時03分

任天堂のトモダチコレクションに言いがかりをつけたり、筑波大学や同志社大学の学園祭でのゲイイベントに差別問題を持ち出し脅迫し中止させたゲイリブは、
増加する一方の同性愛者が起こす犯罪や、セクシャルマイノリティの逮捕者が激増していても沈黙。LGBTが公共の空間である公衆浴場やプールや屋外やスーパー銭湯でワイセツ行為で逮捕されてる事件が起きても何の対策もしない。

だがゲイリブは同性愛者の権利は声だかに要求し、セクシャルマイノリティへの差別を居丈高に叫び、
LGBTの人権を大袈裟に被害者面して喚く。同性愛犯罪者の激増にゲイリブは放置し続けるの?

投稿: ゲイリブの横暴も酷いですよ | 2014年12月19日 (金) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乱交を考える | トップページ | 騎乗位をもっと楽しむ »