« 2011年5月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

スカートをはいた怪物男

Photo_2
(↑イラストレーションby中村成二)
 丸谷才一さんが亡くなられた。あの珠玉のエッセイ(随筆)がもう読めないと思うとガッカリだ。
 文化勲章をもらった大作家なのに、エッセイは柔らかい話題が多く、高齢作家とは思えない若々しい好奇心の持ち主だった。 
 知ってのとおり『四畳半襖の下張り』裁判では、被告だった野坂昭如の特別弁護人を買って出、堂々のポルノ擁護論をぶって世を唸らせた人だ。そっちの方面についての話題は実に豊富で、エッチなネタを分りやすく面白く解説してくれる技量はまさに名人芸。ぼくは彼のエッセイで実に多くのことを教えられた。
 これから書く「怪物男」も、エッセイで知った情報のなかの一つだ。供養のためにここに紹介してみよう。以下は『猫のつもりが虎』(文春文庫)の『男のスカート』のなかに書かれていること。
 まず、その怪人についてはこう説明されている。
《彼は妻帯者だつたが、たびたび姦通をおこなつた。場所としては自分の家。女中に手をつけるのが好きだつたし、それ以外にも、知り合ひの男の妻や恋人を見るとたちまち気持を動かすたちだつた。近親相姦もした。相手は二人の妹および三人の娘。獣姦も試みた。相手は犬……》
 実の妹や実の娘や犬まで犯すのだから、これはもう鬼畜と言うしかない。現代なら犬も含めた性的虐待で糾弾され葬りさられること間違いなし。「そんなやつなら、きっとひどく野蛮で粗野で下品な男だろう」と誰もが思うに違いない。
 違うのだ。この怪人の名はエリック・ギル。二十世紀初頭のイギリスで活躍した工芸家。活字デザイナーであり(そのフォントは今でも広くに使われている)、彫刻や木版画の巨匠でもあった。ネットで調べれば業績はちゃんと記されている。人間国宝級の偉大な芸術家だったんである。
 しかも、このギルという男、敬虔なキリスト教信者で倫理道徳を説き、礼儀作法を大事にすることで知られていた——というからますます驚きである。
 ギルは『衣装論』という著作のなかで「男もスカートをはくべきだ」と主張し、実行もした。まあ僧服みたいなもので別に女装というわけではない。丸谷さんはその理由を「そのほうがエッチするには便利だからだろう」と推測している。確かにセックスは、ズボンを脱ぐよりスカートをまくるほうが簡単だものね。
 丸谷さんには、こんなびっくりするような話をもっと教えてもらいたかったが……。合掌。
(画像はエリック・ギル。背後の文字は彼が考案したフォント。現在も使われている)
 Photo

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

アメリカ女もNO!!パンティ

Photo
↑イラストレーション by 中村成二


「パンティって素敵な言葉よね」と語った女優がいると、アメリカ在住の評論家、町山智浩さんが週刊誌の連載コラムに書いていた。
 そう言ったのはクリスティーナ・ヘンドリックス。『マッド・メン』という人気テレビドラマで見事な肉体美を見せつける秘書役として人気を高めている女優。はい、ぼくもファンです。(笑)
 その彼女が雑誌のインタビューのなかで「パンティって素敵な言葉なのに、どうして使わなくなったのかしら。セクシーでかわいらしい言葉だから、みんなもっと使えばいいのに」と言っていたという。
 ぼくは「へえ、やっぱり。アメリカでもパンティという言葉は嫌われているんだ」と知って、ちょっと驚いた。
 町山さんによれば、アメリカの女性たちには、「パンティ」という語は「不快感を与える」として非難の対象になっているらしい。人気の下着メーカーがCMで「セクシー・パンティ・セール」とアナウンスしたら「聞いていられない。やめて」という抗議が殺到した。「どうして嫌いなんだ」と訊ねた司会者のところには「パンティなんて言う男はみんな助平オヤジに思える」とか「ロリコンの変態だよ!」と手厳しい意見がメールで何十通も。
 そういうわけで今のアメリカでは男も女も「パンティ」と言わず「アンダーパンツ」とか言うようにしているらしい。
 こういった事情は日本もまるで同じだ。いまの日本人、「パンティ」と口にする(できる)のは中高年のオヤジ世代だけで、三十代以下の男性と女性全員は使わない。だいたい「パンツ」ですませている。
  実は、パンティ大好き人間で、だから官能ポルノ作家になったみたいな私でさえ、人の前では「パンティ」とはなかなか言えない。相手が不快に感じる可能性が高いからだ。それぐらいこの言葉には「いやらしい」「ワイセツ」なイメージがしみついてしまったんである。
  しかし女性のもっとも女らしい魅惑的なあの部分を包み密着する布きれのことを「パンツ」と書いては、オジサン世代の読者が承知しない。私だってエロを感じない。だから小説のなかでは「パンティ」と書いている。現実には誰もそう言わないのに、小説のなかではそう書かねばならないという矛盾を抱えているのが官能作家なんである。アメリカの官能ポルノ作家も同じ悩みを抱えているんだろうな。
(↓が「パンティって素敵な言葉よね」と言ったクリスティーナ・ヘンドリックス)
Christinahendricks

| | コメント (2)

2012年10月14日 (日)

女性コーラーに萌え

 ずっと見かけなかった「デモ」というのが、最近はしばしば催される。そういう場面に出あった時、必ず耳にするのが「コール」。つまり「●●反対〜!」とか「●●せよ〜!」いうかけ声だね。あれで気勢があがる。そのかけ声をかける人をコーラーというんだと初めて知った。
 私の住まいは某国大使館に近く、何か事件があるたび反対の立場の人がデモをかけてくる。その時のコーラーはたいていがオジサンで、しかもダミ声。「●●を返せ〜」とか叫ぶとドスがきいてるから怖い。まあ怖いぐらいでないと効果はないかもしれないけど、赤ちゃんなら間違いなく泣きだすだろうね。スピーカーを使って大音量でコールをかけられると、ちょっとした騒音問題だ。
 ところがある時、同じ系列のデモだったけどコーラーが女性だった時がある。いつもはダミ声のオジサンだったから、ちょっと驚いた。さらに、なかなか耳に快い。今ふうに言えばコーラーの声だけで「萌え」てしまうんだね。
 言ってることはオジサンのコーラーと同じで「●●を返せ〜」というようなものなんだけど、女性が一生懸命訴えかけていると、何か健気というかいじらしいというか、よしよし分かったというか、なんか寛容で同調的な気分になるんである。思わず自分も「●●を返せ〜」なんて、人に聞こえないようにコールしちゃったりして。(笑)
 たぶんこれは、別の立場のデモでも同じじゃないかと思う。女性は分らないけれど、男たちは女の必死のかけ声に心を揺さぶられる素質というか本能があるようだ。
 だから、当時十六歳の少女だったジャンヌ・ダルクが大軍を率いて英国軍を打破できたんだと思う。むくつけき兵士たちは、若い娘の一生懸命な叫びに、ついつい心を揺さぶられて「言うとおりにしてやろうじゃないか」と思ったんだろう。
 これは最近の選挙で、●●チルドレンとか●●ガールズと呼ばれる、若い経験の無い女性が選挙で当選してしまう現象につながると思う。男たちはダミ声のオッサンがどんなふうに叫ぼうと、あんまり感動しないけれど、若い女性が必死な表情で「お願いします!」と叫ぶと、本能的に「よし、お願いされてやろうじゃないか!」と思ってしまうんだね。困った性質といえばそうだが、政治家はここんとこ、よく考えてみたほうがいい。とにかくオジサンのダミ声コールは反対だ〜!

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

女装子さん二本刺し

 先日、関西にいる昔なじみの女装子(じょそこ)のKちゃん(大変な美人)が、自分のネット日記で「昨日の乱パは二本刺しをしてもらってメロメロ」と報告していた。
「乱パ」というのは乱交パーティ。彼女?はときどき、女装子さんと女装子さん好きの男性を集めて乱交パーティを開いているのだ。
 そういう場で一人の女装子さんを二人以上の男性が攻めるのは、男女の乱パと同じだ。その夜に実行されたのが、Kちゃん念願の「二本刺し」だったというわけ。
 女性の場合は二穴攻めというのがあるが、それは二本刺しとは言わない。あくまで一つの穴に二本のペニスが同時に挿入されるのが二本刺し。Kちゃんはそれをやってのけたというのである。
 しかし、女装子さんのアヌスに二本刺しというのは、どういう態勢でやるんだろうか。いろいろ頭で考えてみたけれど分からない。ポルノ作品は動画も文章もずいぶん見てきたけれど、女装子さんの二本刺しについては見たことがない。いろいろ考えて分からないから、直接Kちゃんにメールで聞いてみた。彼女は参考動画を添えてていねいに教えてくれた。
 二つの体位があるが、どちらもまず男性が仰向けに寝るのは共通している。
 彼に背を向けて、腰をまたいだ女装子さんがペニスをアヌスに受け入れる。深く挿入されたら女装子さんは背を倒して足を広げる。そうしたら前に立った男性が覆いかぶさり、すでに一本入っている彼女のアヌスに挿入する。仰臥位サンドイッチとでも言おうか。
 もう一つの体位は、仰向けの男性の顔を見るようにして腰をまたいだ女装子さんが、まず彼のを受け入れる。結合したら彼女は体を前に倒してお尻が見えるようにする。そこで後ろに立ったもう一人が彼女のアヌスにもう一本を挿入する。後背位サンドイッチかな。
 彼女は「この体位だと私のペニスは自分と下の男性に挟まれてこすられて、かなり気持ちいいよ!」
 ……という体位なんだけど、分かったかな? 図や画像にすると一目瞭然なんだけどね。
 下から攻める男性のペニスが長いことと、女装子さんのアヌスがよく拡張されていることが成功の条件。Kちゃんは二本のペニスで攻められて何度も気が遠くなったそうだ。
 しかし一つの穴で二人同時に楽しむ男性も気持ちいいだろうなあ。そこまで出来る人々はうらやましい。 

| | コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2012年11月 »