« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月29日 (土)

日本女性の笑顔は中国人殺し?

__2
(イラストレーション by 中村成二)

「AVの帝王」こと村西とおるさんが『WiLL』という雑誌で、中国における日本版アダルトビデオ人気について記事を書いていた。
 中国では、かつてポルノビデオなど見ただけで死刑になるという時代もあったけれど、開放経済が進んだ今、アダルトビデオは市場に氾濫し、アダルトグッズも巨大な産業になっているそうだ。しかし男尊女卑が強く残っているから「女を喜ばせる」バイブレーターは売れず、オナホールがダントツに売れているらしい。
 中国ではAV女優の蒼井そらが、今では女神のような存在になっているのだが、日本では二線級の女優でも中国に行くと、ものすごい人気を集めてしまう。見本市のブースなど十重二十重にファンが取り囲み収拾ができない騒ぎになる。
 どうしてこんなに日本のAV女優がモテるのか、村西さんはこう説明している。
《それは「笑顔」でございます。彼女たちは中国人の観客に向かって笑顔をふりまいています。アノ可愛らしい「何でも許してあげる」のとびっきりの笑顔を、でございます。》      
 村西さんによれば、中国では女性が男性に笑顔をふりまく、ということはめったに無いのだそうだ。もともと見ず知らずの他人に笑顔を見せると、それは「犯してもいいわよ」というサインと誤解され、本当にレイプされちゃう危険を招くのだという。
 そんなおっそろしい社会環境に育った女性たちは、まず人前では笑わない。向こうの女性店員などがすごく無愛想で硬い表情をしているのが日本人にはひどく不思議に思われるのだが、なるほどそういうことだったのか。笑っただけで「あの女は何をしてもいいんだ」と思われたら笑顔見せられないよね。
 そういうところへ、愛らしいセクシーボディの日本のAV女優が、満面の笑顔で乗りこめば、笑顔に飢えていた中国男性はメロメロになるわけだ。なに、自分たちの男尊女卑の気風を和らげれば中国女性ももっと笑顔になるのだろうが、それはまだずっと先のことだろう(この風潮は中近東イスラム諸国でも顕著である)。
 そういう中国人が日本にきて、日本女性に笑顔で迎えられれば嬉しく楽しい。もちろん「犯してもいい」なんて考えはしないよ。そうであれば、嫌中だなんて言ってるより、日本女性の笑顔を武器にすれば日中関係は改善されるんじゃないか。日中友好はセクシーなAV女優の笑顔から生まれる!

| | コメント (0)

2014年3月14日 (金)

ゲイ遺伝子はなぜ生きのびる?

_
(イラストレーション by 中村成二)
「やっぱり、そうだったんだ〜」と言われてしまった。この前の『いろ艶筆』で『ゲイとオリンピック』と題して、ロシアの同性愛宣伝禁止法を批判した。それを読んだ知り合いのかた何人が感想を伝えてくれたのだが、みんな私のことをゲイだと思ったらしい。
 ち、ち、違うんだからねッ。それは誤解ですよ。私はゲイのような性的マイノリティの人々を擁護したのであって、私自身がゲイではないのである。
 でもまあ、そう思われるのも当然だとは思う。何せデビューした頃から女装をテーマにずいぶん作品を書いてきた。「女装ポルノといえば館淳一」と思われてきた。女装はゲイのイメージとずいぶん重なる。だからぼくがゲイだろうと思ってる人は多いに違いない。いや実際、そう思われてお誘いを受けたことも少なからずある。これはぼくが悪い。ハッキリ『女装する美少年が好きなので、単なる男性だけでは性的な興味はない」と言えば分かってくれたはずだ。
 ゲイの人も分かる人は分かってくれて「館淳一が女装美少年を愛するのは、女の子の代理として愛するのであって、ニセのゲイだ」と看破されちゃったこともある。わは、ぼく、ゲイを騙ってるわけじゃないんですけどね。
 もちろんゲイではないけれど、かねてから同性愛には関心を持っていて、いつも「どうして男性が男性に性的に惹かれるのだろうか」と考えている。そういう疑問に答えてくれた本の一冊が、女性動物行動学者、竹内久美子さんの近著『同性愛の謎』(文春新書)だった。その著のなかで彼女もハッキリ言っている。「僧侶が稚児を可愛がったり、武将が美貌の小姓をおいて寵愛したのは、ゲイとは言えない。それはあくまでも女性の代理としてでしかない」と。信長と森蘭丸も真性のゲイ関係ではないということになる。つまりぼくのような「女装美少年」だけを愛する男なんてまったくゲイの範疇にも入らないのである。すみませんすみません。
 最近ではゲイの遺伝子というのが発見されて、遺伝子的にゲイであるかないかは決定されるということになっている。そうなると不思議なのは「ゲイは子供を作らないのに、なぜ遺伝子が伝わるのだろうか」という問題だ。竹内久美子さんの論では「ゲイ遺伝子は母方から伝わり、母方の女性は強い繁殖力をもつから」だそうだ。ゲイ当人の遺伝子は伝わらなくても母方一族の伯母叔母が産む子供に遺伝子が伝わるので、絶えることがないらしい。興味がある人はこの書を読んでみてほしい。

| | コメント (0)

2014年3月10日 (月)

ひっつめ髪はセクシー?



_

(イラストレーション by 中村成二)

 ウインタースポーツを観戦するなら何が一番好きかと言われれば、それはやっぱり女子フィギュアスケートだろう。
 男子のほうは観たり観なかったりだけど、女子は必ずテレビにしがみつく。そりゃあ美人でスタイル抜群のぴちぴち女性スケーターが氷の上で舞い踊るのだから、男性としてはどうしたって魅惑されてしまう。
 ぼくが初めてビデオデッキを買ったのは、女子のフィギュアを記録して何度も観たいがためだった。もちろん「セクシーな女性選手の姿態を眺めたい」という、当然だけれども不純な興味が抑え難かったからである。
 当初は、女性選手のお尻のほうばっかり関心がいってた。フィギュアの場合、バストが大きい選手はいないから、どうしたって一番の関心は、くりんと丸いお尻に集中する。レオタードの衣装は薄いけれどヒラヒラがついてて後向きに統べる時などお尻の形がよく見えて、これはもうお尻フェチの気のある男性にとってはたまらない眺めだからねえ。
 ところが最近、必ずしもお尻ばかりが女子フィギュアの魅力ではなくなってきた。というか、別の部分にも魅せられるようになってきて、最近はそっちが見たくて女子フィギュアを観てるようなところがある。
 それは何かというと、ヘアスタイルである。ウインタースポーツはたいてい帽子やヘルメットをかぶるので、競技ちゅうの女性選手の髪を見ることはできない。フィギュアだけが、最初っから最後まで髪を見られる。そして選手はたいてい、ヘアスタイルはひっつめにしている。髪をひっぱるように後へもってゆき、そこで束ねる。額が広く見える。
 ぼくはどういうわけか、ショートにした髪に性的な魅力を覚える「短髪フェチ」の傾向があるようで、ふだんでもショート系の額を出した女性を見ると「いいなあ」と眺めてしまうのだが、女子フィギュアは、言うまでもなくほとんど全員がひっつめ髪にして額を広く出している。
 ひっつめにすると「おばさんぽく、貧相に見える」とイヤがる女性もいるけれど、目鼻立ちのハッキリした美人は知的さとキリッとひきしまった感じが強調され、ハッとするようなセクシーさが輝く。
 そういうひっつめ美女、ひっつめ美少女が次から次へと登場するのが女子フィギュアなので、最近はもう競技内容なんかどうでもよくて、ただうっとりとして彼女たちの美貌を眺めているようになった。うーむ、これは相当なヘンタイなんであろうか。あなたはどうだろう?

| | コメント (0)

2014年3月 2日 (日)

歯とセックスと電マ

                   _
(イラストレーション by 中村成二)
 年配になると、まだまだ元気のように見えるのに、ご本人が「もうセックスはあきらめました」と言う場合がある。
「今はバイアグラなど使えば、何歳になってもちゃんと出来ますよ、あきらめないで」と励まし、いろいろアドバイスしてあげる機会が多い。そういう中高年の一人のかたから打ち明けられた。
「まあ、その気は無いわけでは無いんですけどね、どうも歯のことが気になりまして、それでやる気が起きないんですわ」
 そのかたは歯槽膿漏が何ヶ所かあって、抜けている歯やグラグラする歯もある。奥さんからはしょっちゅう口臭を指摘されているという。「そういう状態ですからね、どうも、その気になれんのです」としみじみ打ち明けられた。なるほど、そういう人は案外多いだろうと思う。
 歯は食べ物をとり入れる最初の部分だから健康には非常に重要な役割をもち、ここを病むと性生活に大きな影響が出るようだ。噛み合わせが悪いと視力の衰え、肩凝り、胃腸などの内臓器官の衰弱を招く原因にもなる。セックスを含めた人生の楽しさを味わいたいのなら、やっぱり歯医者に行き、悪い部分は治療してもらい、口臭も防いで自信をとりもどすべきだ。
 というぼくも、このところ歯医者に行かなかったせいで、下の歯が浮いたようになってぐらぐらし、睡眠不足のときなどずきずき疼く。折悪しくいい歯科医とめぐりあえてないので、駆け込むところがない。しかたなく痛んで腫れている歯茎を歯間ブラシでよく刺激し、指でマッサージしてると具合がいい。歯周病には歯茎回りのマッサージが有効なのだ。
 ふつうは電動のブラシがいいというが、どうもそれぐらいではもの足りないような気がして、ふと目についたのが電マ、つまり電動のマッサージャー。本来は肩凝りなどに用いるのだが、まあそれ以外の気持ちいい部分に使われることが多い。私も職業柄(?)一本持ってるのだが、それを腫れて痛む歯茎に当ててブルブルしてみた。いやー脳まで痺れるような振動で実に気持ちいい。あまり激しくやると歯冠が外れるかもしれないので、手加減しながら時々電マ歯茎マッサージをしてるうちに、悩まされた痛みや腫れはひいて、グラグラしていた歯もしっかりしてきた。となるとあっちのほうもやる気が出そう。うん、電マはあそこだけ気持ちよくするためのものではないのだ。歯茎に使えばその威力はなかなかのものだ。もしあなたも同じように悩んでいるのなら電マ法を試してみることをおすすめするよ。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »