« ゆかたのエロティシズム | トップページ | 精液甘いか苦いか »

2014年8月31日 (日)

男も無毛の時代

_
(イラストレーション by 中村成二)
 先日のこの欄、『ヘアーヌードが懐かしい!』で、女性が脱毛するのが当たり前の風潮になったのを嘆いたら「男だってそうですよ」と教えられた。
 ブラジリアンワックスやレーザーを使った脱毛サービスを行なうエステや美容外科が、今は男性をターゲットにしているんだそうだ。調べてみたら、なるほどそういう店がどんどん増えて、熱心に広告をうち、男性客を集めている。
 中には「男性の体毛に魅力を覚える女性は2パーセントしかいません!」と、まるで体に毛が生えているのが醜悪でエチケット違反のように訴えている広告もある。ホントかよ。
 かつて、男の体毛はそんなに忌み嫌われていなかった。ショーン・コネリーや長嶋茂雄や三島由紀夫らは、自分たちの胸毛を「男らしさ」の象徴として誇示してきて、女たちはそれを見てため息をついた——はずだ。
 それが一転して、今は男たちが「女に嫌われる」という理由で、体毛をどんどん無くしている。
 記憶に新しいのは、刑務所を出てすぐのホリエモンが、レーザーで全身脱毛してしまったことだ。「刑務所のなかで毛ジラミの被害にでもあったのか」と思っていたのだが、ホリエモンは「これからは男も無毛時代だぜ」と力強く信じて実行したんだね。「サッパリして気持いい」とアピールし、毛むくじゃらの男たちを見下している。
 ぼくは幸か不幸か、それほど体毛は濃くない。ただVゾーンは「ちょっと生え過ぎかなあ」と思うことがあり、そういう時はハサミでチョキチョキと適当にカットするぐらい。脱毛などは考えたことがないけれど、「脱毛するのがセックスパートナーに対するエチケットだ」と言われると、少したじろいでしまう。
 確かにフェラチオを受ける場合、してくれる女性にとって、あの一帯のヘアーは邪魔なことは確かだ。ある風俗嬢に「フェラチオの時、陰毛が鼻の穴をくすぐることがあって、くしゃみが出て困るのよ」と訴えられたことがあった。
 女性に縁が無ければ別だが、いろいろセックスを楽しみたい、と思う男性は、これからは脱毛サービスの利用を考えたほうがいいのかもしれない。
「脱毛サービスは高い。自分で剃ればいい」と思うかもしれないが、やってみると分かるけれど、剃ったあと、少し伸びてきた頃はチクチクしてかゆいんだよ!

|

« ゆかたのエロティシズム | トップページ | 精液甘いか苦いか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆかたのエロティシズム | トップページ | 精液甘いか苦いか »