« 盗撮の罠にご注意! | トップページ | 「入れたくない」童貞が増えた »

2014年9月30日 (火)

コンドームインポ人に朗報!

_

(イラストレーション by 中村成二)

「コンドームいらずの安全避妊法が間もなくできる」という報道をみて、思わずA君のことを思いだしたね。
 私の友人であるA君は、熟女さんとラブラブで、熱烈な逢瀬を重ねているのだが、最近どうも浮かない顔をしている。まあ彼も中高年と呼ばれる世代になったから、たぶんED(勃起不全)の問題だろうと思ったら、やっぱりそうだった。しかし、ちょっと変わっている。高血圧なのでバイアグラの類は控えているのも原因だが、いわゆる「中折れ」状態に悩んでいるというのだ。それもコンドームを着ける時が問題なんだという。
「一度、暗いなかで彼女とセックスしていて、いよいよイキそうになった時、コンドームを着けようとしたんだ。コンドームは近くのテーブルの上に置いていたので、それをとって包装を破ったら、なんとティーバックだったんだよ。お茶の葉っぱが入ったやつ。同じような形してたから間違えたんだけど、あんまりにもおかしくて、彼女と一緒にゲラゲラ笑ってしまった。おかげでヤル気が一気に失せて、その日は不発で終わってしまった。それからというもの、コンドームを着けようとすると、例の珍事件のことを思い出して、彼女がクスクス笑うし、おれもつられて笑うもんだから、たちまちふにゃふにゃになってしまう。まいってるんだ」
 決まったパートナーの場合、最初はナマで挿入し、いよいよ佳境になった時に装着するのがコンドーム。一度抜くことで刺激が薄れ、萎えてしまうケースが多い。A君の場合は、珍事件の記憶が重なって条件反射的に笑うものだから、よけいに中折れの程度が激しいわけだ。
 いま研究開発が進んでいる避妊法というのは、パイプカットと同じ原理で、精管のところで精子をストップさせる方法。ただしゲル状ポリマーで精管を塞ぐペイサルジェル法というもので、このポリマーを取り除くと生殖能力は元通りになる。年齢も関係なくわりと簡単な手術ですむので、「ひょっとしてまた子供を作りたくなるかもしれない」という男性には望ましい、確実な避妊法だという。
 今はヒヒを使った動物実験の段階だが、もう二、三年したら実用化されそうだ。そうなれば、A君にはこれを奨めよう。もう途中でコンドームを着けようとして、条件反射的に笑ってしまい、萎えてしまうコンドーム・インポ症候群に悩まされることはない。

|

« 盗撮の罠にご注意! | トップページ | 「入れたくない」童貞が増えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盗撮の罠にご注意! | トップページ | 「入れたくない」童貞が増えた »