« 性教育はむずかしい | トップページ | ストリップの灯を消すな »

2014年10月25日 (土)

白人女はダメですか

_
 (イラストレーション by 中村成二)
「そうか、まったく時代が変わってしまったんだなあ」とつくづく思わされたのが、このところネット上で交わされている「日本人は白人の女が嫌いか?」という議論。
 日本語や日本文化を学ぶために日本で暮らしている白人女性というのは、かなりいる。たいていは英会話スクールの講師などをしているのだが、独身の彼女たちはなぜか「日本の男性にもてない」というのだ。
「白人男性なら、それほどイケてなくても日本の女性が群がる。一方、白人の女性は美人でかわいくても、デートに誘われることはないし、愛を告白されることもない。この落差って、いったいどういうこと?」という在日白人女性の嘆きをめぐって、いろいろ話し合われているのだが、確かに興味深い事態ではある。
 ぼくはかつて、海外では有名な男性娯楽誌の日本版を作る仕事に携わっていたことがある。ちょうどシルビア・クリステルの『エマニエル夫人』が一世を風靡していた頃だ。
 戦後からずっと、日本人は白人の女性に憧れ、崇拝してきた。もちろんセックス(オナニー)の対象としても珍重された。エロ業界では「洋ピン」と言われる、つまり「西洋のピンク(エロ)映画、雑誌、小説」は、日本の男たちを夢中にさせてきた。ぼくが編集にかかわった雑誌も白人ヌードがすごい人気で、ずいぶん売れたものだ。
 どれぐらい「白人女性崇拝」が強かったかというと、当時隆盛を極めていたストリップの興行では「金髪ヌードショー」が欠かせなかったことでも分かる。まあホンモノの白人ならどんなデブでブスでも客を集められた。それでも不足なので体格のいい色白の日本人ストリッパーに金髪のカツラをかぶせ、下の毛も金髪に染めて舞台で踊らせたところが多かった。そういうニセ白人でも客は喜んで見ていたのである。
 今はどうだろうか。映画でも雑誌でも洋ピンものはほとんど全滅であろう。日本人の男たちは白人女性に対する興味や情熱を失ったように見える。エロの鎖国状態だ。これは最近叫ばれる「日本男子の草食化」と連動しているに違いない。つまり白人の女性は日本女子以上に肉食的で、とても太刀打ちできない存在と思われてしまった結果だ。私のような洋ピンマニアには実に困ったことであるし、嘆かわしい事態なのだが、それに対処する方法はまったく思いつかない。

|

« 性教育はむずかしい | トップページ | ストリップの灯を消すな »

コメント

亡くなった父は自営業をしていて、1階が店舗、2階が父の休憩室になっていました。父の休憩室には金髪女性のヌードカレンダーが部屋中に飾ってあり堂々としたものでした(笑)小学生の自分は土曜日になると父の休憩室で昼食を食べたりしていました。当時(昭和50年代)は仕事関係でそういうカレンダー結構もらえたんですかね。いまじゃ想像できないですけど。

投稿: ネコ | 2014年11月11日 (火) 22時56分

ここの使い方わかりました。
あっちに書いたのここにも書きますね。
戦後世代はともかく、
私たちのような二十代、三十代の世代には白人種に対する憧れっていうのはさほどありません。
それは生きた時代が違うからです。
かつてはジタンやラッキーストライク、ジョニ黒がもてはやされた時代がありました。
でも、それはもう過去の話でしかない。
今の女性にまるで白人モデルのようだって褒めてもさほど嬉しがられません。
憧れ、崇拝、それは劣等感の裏返しでしかないんです。
そして人間は劣等感を抱くと優越感を欲するようになる。
じゃあ、この劣等感を手っ取り早く克服するにはどうすればいいかっていうと、
憧れの相手を自分の物にしてしまえばいいわけです。
この話に興味があるなら館さん、
アルフレッド・アドラーの「人生の意味の心理学」と「人間知の心理学」を読んでみてください。
それと草食系男子という言葉ですが、白人女性に対して興味が薄れたから=性欲が低いにはならない。
それは個々や世代による好みの問題だからです。
この草食系男子も科学的に根拠はありません。精子が年々減少しているという研究結果から、
一人歩きし始めた言葉なんですが、じゃあ、研究前の男性に精子の減少はなかったのかっていうと、
これがよくわからない。もしかしたら人類が誕生して以来、男性の精子は減少しているのかもしれません。
それと性欲は脳とホルモンとの関連性が重要で、実は精子の量ってさほど重要性は高くないんですよ。
館さんも痛みと快感、脳とアドレナリン、ドーパミンの話はよくしてますよね。
快感と脳についてだと、初学者辺りにはデイビット・リンデンの「快感回路」がわかりやすいです。

投稿: まりさ | 2014年11月23日 (日) 07時48分

わたしは女装者ですけど白人さんに限らず外人さんにはあまり燃えないですね。
美しく均整のとれたプロポーションとはおもいますけど日本人女性のような美しさや恥じらいを秘めた可愛さや美しさが魅力とおもいます。
エロ漫画ではたまに外人女性キャラが主人公とエッチしてるのも最近はあるみたいですね。

投稿: サヤカ | 2014年11月23日 (日) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 性教育はむずかしい | トップページ | ストリップの灯を消すな »