« 壊れゆく日本人の「官能」 | トップページ | 女子アナとホステスの関係 »

2014年11月23日 (日)

仮性包茎の悩み解決法

__2  
(イラストレーション by 中村成二)
知りあいの女流官能作家、『もっとセックスがしたいあなたに』という著書もある大泉りかさんが、アダルト情報サイトのセックス相談で、仮性包茎の男性の悩みにこう答えていた。
「正直、この手の悩みを相談されるのは、初めてではありません。いつもは「女性は仮性包茎なんて気にしてないです、日本人の三人に二人はそうです。だから、見慣れているし何も恥ずかしいことではありません」と答えているのですが、もういい加減に飽きたので、ちょっと違った方向性の回答を探ってみようと思います」
——言うまでもなく仮性包茎というのは、勃起すると包皮が剥けてセックスに問題がないという状態、本来は亀頭粘膜を保護しているのだから、包皮があって当然。実際、成人男性では仮性包茎が圧倒的多数派なんである。そもそも欧米の医学用語には「仮性包茎」という語が無い。つまりこっちのほうが正常なのだ。しかし、どうしても包皮コンプレックスにとらわれている男性に、大泉りかさんはこう奨めるのだ。そこで大泉りかさんは言う。
「包皮を弄ぶことが好きな女性もいます。いわゆる『皮遊び』というもので、皮を伸ばしたり、中に舌を差し込んだり、皮と陰茎の間にジュースを流し込んでそれをストローで吸ったり、空気を吹き込んでぷくっと膨らませたりと様々なバリエーションで遊ぶことができます。……まずは手始めに、M性感にいって『皮遊び』をリクエストしてみましょう。オチンチンの皮で嬉々として遊んでいる女性の姿をみれば「ああ、皮があってよかった」と思うことができるかもしれません」 
 いや驚いた。そんな遊びがあるとは知らなかった。まあ仮性包茎にコンプレックスがあると知ってるから、たいていの女性は遠慮しているのかもしれない。
 本紙でもおなじみ「カイチュウ博士」こと藤田紘一郎先生と一度、包皮のことを話した時「あれは『遊び皮』といって、セックスの時に男も女も楽しめるように存在するんですよ」と教えられたことがある。実際、私の聞いた範囲では「パートナーが仮性包茎だからいやだ」と言った女性はいない。「ひたすらピストンするだけのズル剥け男性よりずっと具合がいい』とまで言う子もいた。藤田博士の言うことは本当だったのだ。
 少しMっ気がある男は、大泉りかさんのアドバイスに従って「皮遊び」をしてもらおう。人生が変わると思うよ!

|

« 壊れゆく日本人の「官能」 | トップページ | 女子アナとホステスの関係 »

コメント

むかしの漫画家もりやねこさんの単行本『レオタードプリンセス』『ピンクシャワー』『マドンナクラブ』『ヴィーナスクラブ』などに包茎プレイを載せた作品が多くありましたよ。
性交場面はこの漫画家さんはあまり描いてませんでしたが同時期の雨宮じゅんさんも似たようなプレイを描かれてたとおもいます。
もりやねこさんの『ピーリング ラブ』は当時の包茎マンガでほんとうに『いたい』マンガと評価されたようです。
機会があれは館淳一さんも探してみてください。

投稿: サヤカ | 2014年11月23日 (日) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壊れゆく日本人の「官能」 | トップページ | 女子アナとホステスの関係 »