« SMは汚らわしいか | トップページ | 仮性包茎の悩み解決法 »

2014年11月23日 (日)

壊れゆく日本人の「官能」

_
(イラストレーション by 中村成二)
 テレビの報道で知ったのだが、今の子供たちは、味覚がおかしくなっているらしい。
 日本医科歯科大が埼玉県の子供たち349人を対象に「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」をが識別できるかを調べたところ、31パーセントの子供たちが、何らかの味を識別できなかったという。つまり甘いものを食べても甘いと分からないのだ。
 ぼくもかつて舌に異常を感じて、専門医を訪ねたことがある。その時、この子供たちと同じような味覚検査をされた。専門的には「官能検査」という。
 官能とはつまり、視覚、触覚、嗅覚、聴覚、味覚の五つの感覚器官の働き、能力をいう。本来、エッチな意味は無い。ただセックスというものは五官のいずれかを刺激して性欲を刺激するものだから、そういう状態を「官能的」と称したことで、本来の意味を離れて「欲望を刺激するもの」という意味になってしまった。
 まあしかし、これらの五官が正常に機能することで、性欲が高まり、エッチしたくなるから、男女は仲良くなり、セックスが愉しめ、その結果、子供が生まれてくるわけだ。
 いま少子化が叫ばれているのは、日本人の官能がおかしくなっているからではないか、という気がする。その一つが子供たちの味覚異常だが、もっと大々的に調査すれば、若い年代でも舌の官能が壊れているような気がする。そしてたぶん、嗅覚もそうではないだろうか。
 話は変わるが、ぼくはある官能系の文芸作品に賞を与える選考委員を何年もやっていて、エッチな体験を綴った応募作品を毎年、何十作と読まされる。それで気がついたのは、セックスの描写について、味覚とともに嗅覚の描写が少ないということだ。つまりセックスの時の匂いが描かれない。自分では性のベテランだと豪語する人たちで「匂い」に関心を示す者が少ないのは、つまり嗅覚が壊れているからのような気がする。
 人も動物の仲間だから、本来、性欲は匂いで刺激される。異性の体から発散されるフェロモンを嗅いで興奮する、そのように出来ている。ところが、応募作品を読んでいて、匂いで興奮する描写がめったにないことから、ぼくは「こりゃまずいな。日本人壊れてる」と思っていたところだ。キスすれば唾液の味もするし汗も愛液も味がある。それを誰も描写しない。ただ視覚と聴覚だけでセックスしている。それはホンモノのセックスではない。官能の壊れた日本人に未来はあるのか心配だ。

|

« SMは汚らわしいか | トップページ | 仮性包茎の悩み解決法 »

コメント

亜鉛不足が原因で味覚障害患者が増えているみたいですね。
ただ、最近の味覚とともに嗅覚の描写が少ない云々は何か統計ありますか。
数年規模だと正直、統計学的にはあまり意味がないです。
それと館さん自身がその手の描写苦手だったはずでは。
自分の作品やあとがきとか読み返してみることを進めます。

投稿: まりさ | 2014年11月23日 (日) 07時58分

なんか乱暴なコメントだな〜。
批判してくれるのはけっこうだけど、怒鳴りまくるなよな。うっぷん晴らしの場じゃないんだから。
こういう発言があると、コメント欄を閉鎖してるブロガーが多い理由がよく分かるわ。
ここはコメントは受け取るか受け取らないかの二者択一だから、こういう乱暴なやつがまた来ると、コメント拒否にすることも考えないと。不愉快になるためにブログやってるんじゃない。

投稿: 館 淳一 | 2014年12月 5日 (金) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SMは汚らわしいか | トップページ | 仮性包茎の悩み解決法 »