« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

オナニーは風邪の妙薬?

_
(イラストレーション by 中村成二)
 日本全国、めっきり冷え込んできたね。空気も乾いてきて、風邪をひきやすい季節になる。街を歩いていても青い顔してゴホゴホ咳をしている人が眼につく。
 風邪というのは、ひいてしまったらどんな薬も効かないというのが常識。風邪薬なんて気休めでしかない。対処法はただ一つ、温かくして寝ていること。どんな医者もそう言うと思う。
 ところが「この方法は絶対効くよ」と言われてる治療法が、最近、ネット上で喧伝されている。それが「オナニー治療法」だ。
「それって体を興奮させ、疲れさせることだから、かえって悪化させないか?」と思うだろう。しかしいろんな医学者が研究して、決して害ではないと分かったという。
 つまりオナニーをすると、まあ当然ながら頭に血が上り、下腹を中心した部分にも血が回り、それでペニスが勃起する。射精となると全身の筋肉が連動する。ということは、全身の血流がよくなるということだ。
 そうすると白血球が増殖し、ナチュラルキラー細胞という、免疫力を高める細胞が増える。結果的に風邪に対抗する力が湧いてくる。ただジッと寝ているよりは、オナニーしたほうがいい、という理屈になる。
 それと、射精して強い快感を味わうと、脳のなかでドーパミンやβエンドルフィンという快感物質が分泌される結果、気分は高揚し肉体的心理的なストレスを和らげ、特に風邪につきもののさまざまな痛みや不快感を軽減してくれる。
 そんなわけで、「風邪の時は適度にオナニーをすることで、治りが早くなる」というデータさえ報告されてるんだそうだ。
 もちろん、この効用は女性も同じで、特に女性の場合は老化防止ホルモンといわれるDHEADというホルモンがよく分泌され、全身を活性化させてくれるという。
 さらにオナニーをした後は、快い疲労感が体を包み、安眠に導いてくれる。つまりジッとしている時よりも熟睡できることが多い、というのだね。それはなんか分かるなあ。
 という具合で、調べればネットのあちこちにそういう報告があるので、風邪で寝込んで悶々としている人は、ここはぜひオナニーで気持よく抜いて、ぐっすり眠って、早く治ってほしい。
「それなら、彼女とセックスすれば、もっと早く治るんじゃないか」と思うだろう。ぼくもそう思うけれど、そうしたら彼女に風邪がうつってしまいそうだ。それは治ってからのことにしよう。

|

2015年10月30日 (金)

紙のヌードよ永遠に!

_
(イラストレーション by 中村成二)
 先日、エロい方面の出版界を激しく動揺させるニュースが走った。アメリカの老舗男性誌『プレイボーイ(PLAYBOY)』が、来年3月号からのリニューアルで、フルヌードのグラビアを廃止する、と宣言したからだ。
 1953年創刊のプレイボーイ誌は、創刊号にマリリン・モンローのフルヌード写真を掲載したことで有名になった。当時はアメリカもまだまだエロについては厳しい規制があったのだが、編集長のヒュー・ヘフナーらが勇敢にタブーに挑戦し、一時はプレイボーイ文化といわれるほど、アメリカにセックス革命をもたらす旗手となった。
 1975年、ぼくはフリー編集者としてプレイボーイ日本版の創刊に携わった。当時はアメリカではすでにヘアー解禁がなされていたのだが、日本では禁止されていた。アメリカの編集部からどんどん送られてくる見本誌や原版は税関フリーパスの無修正だったので、まだ血の気の多かったぼくら若い編集者は、ほとんど鼻血ブーの状態で、それらの原版と取り組んだものだ。それは編集部だけの特権なので、まあこっそり外に持ち出して人に見せては得意になったりした。いや懐かしい思い出だ。
 創刊された当時の日本版では修正されたヌードが掲載されたのだが、金と時間をかけて撮影されたゴージャスなヤンキー娘ヌードグラビアは、日本の若者を熱狂させたものだ。しかし、1990年代に入って、日本でもヘアヌードが解禁されるにつれ、プレイボーイ誌のありがた味も失せて、日本版は2008年には休刊となった。その頃にはもう、ネットではどんなエロ画像でも簡単に見られるようになっていて、日本でもアメリカでもエロ本エロ雑誌はどんどん窮地に追い込まれてゆく。
 今度のアメリカ版プレイボーイのヌード廃止宣言が日本でも衝撃だったのは、アメリカで起きたことは、二、三年後には確実に日本でも起きるからだ。つまり日本でヌードグラビアに頼る雑誌の余命は、もういくばくも無い、と宣告されたに等しい。
 シンナーやバターや消しゴムを使ってせっせとヌード写真の黒塗りをなんとか除去しようと必死になった世代としては、寂しいかぎりだ。紙に印刷されたヌードグラビアには、液晶モニターでは味わえない、妖しいエロティシズムがあった。どんなに少なくなっても、いやらしいヌードグラビアは残ってほしいものだ。おっさんのムダな郷愁だろうけれど……。

|

2015年10月18日 (日)

効果的な膣トレ法を学ぼう!

_
(イラストレーション by 中村成二)
 ぼくの知りあいに神田つばきさんという女性がいる。専業主婦していた38歳でSM界に入りAV女優となったかたで、今はAVライターなどいろいろな分野で活動している。
 その彼女が自分のブログで「膣トレの新常識」というのを書いていた。これはぜひみんなに知ってほしいと思うので、紹介しておこう。
 セックスの時、よく締まる膣は男女どちらからも期待されるものだけれど、子供を産んだあと「緩くなったかな」と思う女性にとっては、膣のトレーニング法はかなり重大な関心事だろう。
 膣トレの根本は「骨盤底筋肉群」を鍛えなければならない——というのは、常識としてみんな知っていることだろう。お産のあと、病院や医師は、そのやりかたを教えてくれるのだが、従来は「肛門を締めたり緩めたりする」という方法が一般的だった。
 なぜ肛門かというと、肛門の括約筋は8の字を描くようにして膣の入口も取り巻いていて、肛門を締めると膣の入口も締まるからだ。
 その他に膣トレボールというものも市販されていて、紐のついたボールを膣に入れて、その紐によって出し入れしながら鍛練する方法というのもある。
 神田つばきさんは、自分でもいろいろ実践した上で、「従来の方法では効果がない」と断言する。肛門法や膣ボール法では「膣の入口だけが締まって、本当の名器の条件である膣の奥は締まらない」というのだ。なるほど道理である。
 膣を動かす骨盤底筋群は80パーセントが遅筋といって、自分の意志で動かすのが難しい筋肉である。それを動くようにすればどうしたらいいかというと、まずは「クリトリスを刺激しながら指を奥へ入れてみる」方法。クリトリスが感じてる時は膣の奥もヒクヒク動く。その感覚を実感するのが大事。
 次に小さめのダンボール箱を腿に挟んで腰を前後にスイングしたり回転したり、その状態でジャンプする運動。そうすると骨盤底筋群が刺激されるという。
 最後は膣トレボールを、中に入れたままにする方法。従来のように出し入れするだけでは奥のほうの筋肉は反応しないけれど、入れたままでいると、それらの筋肉が「締まる」という動きを自覚して、自然に活発に動くようになる——というんだね。
 というわけで、関心のあるかたは神田つばきさんのブログ(『神田つばきな日々』)を読んで実践してみるといいよ!

|

2015年10月11日 (日)

バニーガールよもう一度

_
(イラストレーション by 中村成二)
 ずいぶん遅れた話題だけれど、あの『フーターズ』にようやく行ってきた。一人で行くようなお店ではないから、なかなか機会が無かったのだけれど、そこで呑み会をやるのが好きなご仁がいて、誘ってくれたのだ。
『フーターズ』といえば、やはりウエイトレスの制服というかコスチューム。みなさん体格がいい。とにかく胸もヒップも豊かなグラマーお嬢さんばかり。着ているのは胸の谷間がキッチリ見えるタンクトップに、ヒップも太腿もパツンパツンのショートパンツ。基本的には体操着みたいで、健康的なエロが眩しい。店の照明も明るいし、彼女たちだけ見てるとスポーツジムのインストラクターと同じで、いやらしさはあんまり感じられない。感じられないけど、すぐ傍に来られるとやはりドキドキしちゃうのは、おっさんとしては仕方がない。視線だって胸とヒップを行ったりきたり。「あんまりジロジロ見たらスケベと思われるかなあ」と遠慮がちにチラチラ見てたりして。まあ、楽しい店だった。
 その時、ふと「こういうドキドキ感を与えてくれるコスチュームのお店があったなあ」と思い出した。そう、バニーガールがいる高級クラブ。たとえばかつて六本木にあった『プレイボーイクラブ』とかね。
 ぼくは一時、あのお店の会員だった。『日本版プレイボーイ』という雑誌で働いていた関係もあって、よく店には行ったのだけれど、バニーガールのお姉さんが傍にきてサービスしてくれると、ドキドキしたものだ。それまでの日本では想像できない露出度のコスチュームだったからね。「あんまり見ちゃ悪いかなあ」と悩むところも『フターズ』と同じ。
 当時はバニーガールを売りにしたクラブなどいくつかあったのだが、不思議なことに今はほとんど見かけなくなった。なぜなのか不思議だ。それでもコスプレ衣装としては人気が高く、衣装だけは売られている。プロポーションのいい女性が着ると、目がクラクラするほどセクシーな衣装なんだけど、どうして消えちゃったのかなあ。まあ「誰もが着られる」というものじゃないのが難点だったのかな。
 かつて『水中花』というテレビドラマで松阪慶子がバニースーツを着て演じたものだけれど、あの衝撃は今でも忘れられないよ。探せばそういうお店もあるのだろけど『フーターズ』のように安くて、おじさんの目を楽しませてくれるバニーガールのお店、復活してくれないかね。

|

2015年10月 3日 (土)

古代中国のフォトショップ

_
(イラストレーション by 中村成二)
「フォトショップ」という言葉、パソコンを使ってる人には、もう説明は不要だろう。画像の加工ソフト。昔の写真は筆を使っていちいち修正していたけれど、今のデジタル画像はコンピューターでどんなふうにでも簡単に加工修正できる。
 風俗で遊ぶ時、事前にネットでお店のサイトに入り、在籍している女の子の顔や全身の写真を見て気に入った子を選ぶだろう。しかし実際にその子と対面すると「あれ、なんか違うなあ」と思うことが多い。それは、女の子の写真をフォトショップでいろいろに加工し、よりチャーミングに見せているからだ。ネットではいかにフォトショップを使って不美人がセクシー美人に「変身」させるか、その実例がいくらも紹介されている。
 そういうフォトショップ美人を見ていて思い出したのが王昭君(おうしょうくん)についての故事。ぼくが好きな話なので紹介しておきたい。
 王昭君は紀元前一世紀ごろの中国女性。のちに「中国四大美女の一人」とされたが、前漢の皇帝である元帝の後宮にいた。つまり皇帝の夜のお相手をする宮女の一人だった。
 その頃、匈奴の呼韓邪単于(こかんやぜんう)という王様が元帝に「お国の女性を王妃にしたい」と申し入れてきた。古代中国では外交政策の一つとして、対立する国の王に、皇帝に近い女性をプレゼントしていたわけだ。
 元帝は宮女たちの似顔絵を持ってこさせ、一番不美人に見えた王昭君を選び、匈奴の王様に与えることにした。なにせ「後宮三千人」と言われるほどだから、元帝も一度も実物の王昭君を見たことがなかった。いつも似顔絵集を見て美人を選んでいたからだ。
 ところが匈奴の国へ送るにあたって本人に会ってみた元帝は驚いた。想像を絶するような美女だったからだ。しかし相手に約束してしまったから中止するわけにはゆかない。悔しいけれど、王昭君を匈奴の妃としてプレゼントしたのである。
 では彼女の似顔絵はなぜ不美人だったのか。それは宮女たちの似顔絵を描いていた絵師が賄賂をとって、その金額により実際以上の美人に描いてやっていたからだ。王昭君は賄賂を払わなかったので、わざと不美人に描かれたのである。それを知った元帝は激怒し、その絵師は首を斬り落とされてしまった。 つまり、彼は当時のフォトショップみたいなものだった——というのがこの話のオチ。はは、面白かった?

|

2015年10月 1日 (木)

渡るネットにエロの罠

_
(イラストレーション by 中村成二)
 ネットでSNSなんかやってると、時おり「助けてくれ!」「どうしたらいいんだ!」「困ったことになった!」という悲鳴が聞こえてくる。たいてい男性だ。ぼくと同じようにエロが好きなおじさんたちが多い。
 書き込みを読むと、たいていが『ワンクリック詐欺』というやつにひっかかってる。これはメールや検索結果で誘導されたアダルトサイトに入って「面白そうだ」と思った動画などをダウンロードしようとすると、いきなり「契約ありがとうございます。年間利用料は○万円です」という表示が出てくるもの。「お支払いいただけない場合は法的措置をとります。督促メールを送ります。電話します。人も訪問させます」と立て続けに脅かしてくる。経験のない人は真っ青になってしまう。ダウンロードしようとした動画が『人妻熟女拷問中出しレイプ』なんてタイトルだと、世間体もあるからビビるよね。
 なんとか解約しようとしても受け付けてくれない場合が多い。ひどい場合はサイトにアクセスしただけで「契約」したことにされてしまう。
 アクセスしただけでは、その人の名前もメールアドレスも住所電話番号も分からないのだから、こういう場合は「何もしない」「無視する」というのが唯一の対処法。なまじ「解約したいかたはこちらへ」なんていうボタンをクリックすると、メールアドレスなど書かされてよけい泥沼にはまってしまう。
 ところが最近は、敵もいろいろ考えて「契約受け付けました」の画面のところでフリーズして、それ以外の動作ができなくなったりするのもある。「無視する」ことも出来ないようにするわけだ。もっと悪質なのはスマホの契約画面のところで「バシャツ!」というシャッター音を出して「あなたの顔を撮影しました」と言ってくる。そんなことはまず不可能なのだが、信じて震えあがるユーザーが多いようだ。
 こういう場合は、あわてずにブラウザをリセットしたりスマホを再起動してみる。それでもダメなら詳しい人や専門のサイトに教えてもらったり、ショップに相談することになる。警察も相談にのってくれるが、「何をしようとしたんですか」と訊かれると恥ずかしいよね。でも絶対に金を払ったりしたらダメだよ。
 いろんな楽しいものが見つかるネットだけど、こういう悪い奴が待ち伏せしているので、アダルトサイトに接続する時はじゅうぶん注意しなきゃ。

|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »