« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月17日 (土)

冬のフェチいろいろ

__5
(イラストレーション by 中村成二)
 年の暮れも近づくと、冬もいよいよ本番だ。寒さがグンと厳しくなる。人間はいろいろ着込んでムクムク状態になる。そうなると肌や下着は隠されてしまうので、街なかでフェチ趣味を愉しむ機会が少なくなり、フェチ男にはつまらない季節になるだろう——とふつうは思う。しかし、違うのだね。冬には冬の、冬ならではのフェチを楽しむ男たちが、今度は喜び始めるのだ。
 まずはタイツのフェチがいる。厚くてパンティも透けて見えないぐらいのモコモコしたタイツを履いた女性が好き、という男にとっては通勤・通学の時間帯は至福の時になる。
 ブーツ・フェチというのは、ぼくもそのケがあるのだけれど、やはり冬でないと見られないから、これも嬉しい。ブーツの踵をカンカン鳴らしてさっそうと歩くのは夕方ご出勤のお水系の女性だ。
 マスク・フェチというのも、風邪が流行る冬は嬉しい嬉しい。自分で着けるのが好きなタイプもおおっぴらに着けて歩ける。
 女子高生なんか、寒い朝、毛糸とか厚いウールのマフラーを口が隠れるぐらいに巻いて登校している。あのマフラーに萌えてしまう男というのも案外多いんじゃないか。ぼくなんか見惚れてしまうけれどね。毛糸の手袋とセットになってるとなおいい。
 そうやって、冬の街角を歩く女性たちを眺めて楽しんでいると、思い出すのが毛皮のコートである。
 ぼくが最初にパリを訪ねたのはやはり今ごろの季節だった。パリジェンヌはみな、コートを着て歩いていた。ある時、街をブラブラしていたら、向こうから三十代ぐらいの女性が豪華な毛皮のコートを着て歩いてきた。
 ファッションモデルみたいなメイクで歩き方もさっそうとしている。「うわー、やはりパリの女ってすごい」と思っていたら、彼女、なんと数メートルぐらい手前でいきなり、毛皮のコートの前をパッと広げた。
 目に飛び込んできたのは下着一枚も着けていない白いヌード。股間には黒い三角形。ぼくは瞬間、夢でも見てるのではないか、と思った。次に「この女は露出狂なのか」と思った。呆然と立ちすくむ日本人観光客(ぼく)とすれ違いざま、彼女はニッコリ笑いながらウインクして去っていった。ハイヒールの踵をカンカン鳴らしながら。
 その衝撃の出会いを現地の人に話したら、「それは娼婦ですよ。客引きの常套手段なんです」と言われて、もう一度びっくりしたね。
 冬になると思い出す。パリの娼婦たちは今も全裸に毛皮のコートを着て歩いているのだろうか。

|

『賢者タイム』で嫌われるな!

「いい彼女が出来た」と自慢していた友人が、最近会ったら、ショボンとしている。相手のほうが去っていったらしい。「どうして振られたんだ」と訊ねたら「どうも賢者タイムの態度が相手の気分を損ねたみたいだ」という。
 『賢者タイム』は説明する必要もないだろう。セックスやオナニーで射精したあと、それまでの興奮が一気に冷めて、無気力になってしまう状態のこと。医学的には『性欲無反応期』という。フランス人はちょっと気取って『プチ・モール=小さな死』という。
 これは、性交時は周囲に対する警戒心が薄れて外敵に襲われやすいので、事後、速やかに理性や判断力を取り戻すための、哺乳類のオスすべてがもつ習性によるものだといわれる。人間の場合はプロラクチンという性欲抑制ホルモンが脳内で分泌されて大脳皮質の活動を停止する。一説によるとオナニーの時よりもセックスの時のほうが賢者タイムは強く、長く続くという。
 友人の彼女は、わりと性体験が少なかったので賢者タイムについての知識が無く、コトが終わったあと、彼がひどく冷静になり自分を疎んじているように思い、自尊心を傷つけられて去っていったようだ。経験を積んだ女性なら「仕方ないわね、そんなふうに出来てるんだから」と思ってくれても、若い女性ほど相手の態度が豹変するのを理解できず、傷ついてしまう。こういうトラブルを避けるための方法ってあるのだろうか。
 相手に悪いとは思っても、興奮が冷めてしまうと一緒に傍にいる気が失せてしまうのだから、まずは「賢者タイム」があるのがふつうだということを、それとなくパートナーに知ってもらう努力をすること、それが大事だろうと思う。
 それと、ぼくの友人のシマジという男は「寝てしまうのが一番だ」という。プロラクチンは眠りを誘うホルモンだから、賢者タイムの男はたいてい眠気を覚える。背を向けず、抱きしめながら眠ってしまうと、女性は「私の体でそれだけ満足してくれたのね」と思って、そんなに悪感情をもたないだろう。確かにいい方法だ。
 ぼくはそれにつけ加えて「出来るだけ抜かないまま眠る」というテクニックを伝授したい。射精したペニスは萎えるけれど、女性に挿入したままだと案外長時間、抜かずにすむ。その状態で眠れば相手もイヤな気はしない。男も自然に回復して、眠りから覚めると勃起していることが多い。そこで第二回戦だ。賢者タイムは睡眠タイムなのだ!

|

高齢者のSEXはレディファースト

__4  
(イラストレーション by 中村成二)
バイアグラなどの勃起促進薬の普及で、昔ならセックスを卒業していた高齢の男性が、今では平気で現役セックスを楽しめる時代になった。
 ところが「あっちの方はまだまだ元気だ!」とガンバってるおじさん達をビビらせるような調査結果が、アメリカの医学専門誌に発表された。ちょっと気になったので概要を伝えておこう。
 調査したのは連邦政府資金によるプロジェクトチーム。全米で47〜85歳の高齢者2200人のデータを分析、研究成果を米専門誌「保健・社会行動ジャーナル」に発表した。
 論文の主執筆者はミシガン州立大のフィ・リュウ准教授。その結論は「回数の多い、満足のいく性的活動は高齢男性に二倍以上の心血管系疾患のリスクをもたらす。反対に、高齢女性はオーガズムを感じる性行為を定期的に行うことで特定の健康上の問題を実際に予防できる可能性がある」というもの。
 つまり、毎回イクような、満足感を味わえるセックスを行なう男性は、心臓や血管のトラブルを引き起こす危険性が高まる」ってことだ。おいおい、せっかくバイアグラのおかげでギンギンの勃起やドピュッという射精の快感をまだ楽しめる、と思っていたら、それは体によくないってことなんだと。
 その理由は「「高齢男性は、若い男性よりオーガズムに達する困難が大きいため、絶頂に達するために頑張りすぎて疲労の度合いがより高くなる上に、心臓血管系に加わるストレスがより高くなる」からだそうだ。それに「男性ホルモンの一種であるテストステロンの濃度と、性欲を向上させる薬の使用が心臓血管の健康に悪影響を及ぼす可能性がある」んだって。
 いくら勃起促進薬があるからといって、射精を伴うセックスを週一回以上楽しむと、おじさんの心臓血管系は負担がかかりすぎるということだ。思いあたるおじさんは気をつけたほうがいいよ。
 一方「高齢者で快感を得るセックスをしている女性は、オーガズムによって分泌される性ホルモンやパートナーとの良質な関係によって、健康が増進し、血圧を下げる効果がある」と報告されている。ということは、「おじさんはあんまりがんばらないこと。でも、おばさんはどんどん楽しんでかまわない」ってことだ。おじさんとおばさんが楽しむ時、おじさんはおばさんを喜ばせ、自分のほうはほどほどにすべし。つまり高齢者のセックスはおばさんファーストなのだ!

|

レイプ男はスカンクの術で撃退!

__3
(イラストレーション by 中村成二)
いや、世の中では知らないうちにすごい技術が発明され、普及しているんだね。最近になって知ったのは「糞便の悪臭を芳香に変える」という技術。もともとは衛生処理業者がバキュームカーなどから発生する悪臭をなんとか消したいという願いから発明された技術らしい。
 これまではその臭気のもとを化学的に分解したり、もっと強い匂いで隠すという方法がとられていたけれど、それでは満足できる効果が得られなかった。そこで根本から発想を変えて発明されたのが「糞便臭を他の匂いと合体させて芳香にする」という技術。
 香水のいい匂いなどは分析すると、微量の糞便臭、つまりウ●コの匂いが混じっていることが分かっている。単に甘い香りとか柑橘類の香りだけでは、その匂いにコクというか深みが出ないのだ。そこにほんの少し糞便臭を混ぜてやると、これが実に官能的ないい匂いになる。だとしたら、糞便臭が混じったらいい匂いになるガスを作っておいて、糞便臭のもとにふりかければ、同じ効果が得られる。というわけで、その技術は実用化され、今のバキュームカーからはあまり悪臭がしなくなった。もちろん病人を介護する現場でも使われて、排泄物の悪臭を消すスプレーなどはもう市販されている。
 ——と、ここまで知った時、ぼくは「これだ!」と思ったね。これがあれば以前から考えていたレイプ撃退用品が実用化できるからだ。
 レイプ撃退のためにはいろんな武器が考えられているが、いざという時に使えなかったり、かえって犯人を怒らせてよけい被害を大きくしてしまう恐れがある。ぼくはいろいろ考えたあげく「スカンクやイタチのように、悪臭を噴射させて襲ってきた男を撃退できないか」と考えたのだ。つまり「スカンク式撃退法」。
 脳が性欲でグラグラ煮えてる状態のレイプ犯かから一気に「ヤル気」を奪うのは、何といってもウ●コの悪臭だ。これまでも襲われた時の恐怖とショックで脱糞してしまった女性が、難を逃れたという例は多い。もしそういう悪臭をカプセルに閉じこめておいて、イザという時に発生させたら、レイプ男はたちまちヤル気を無くして逃げてゆく——という撃退法は名案だと思うのだが、問題はそれを使った女性も悪臭まみれになってしまうという点。その悪臭も、このスプレーがあればたちまち消えてしまうなら「スカンクカプセル」とセットで売り出せばたちまちベストセラー商品だ。誰か商品化しないか。

|

男子用セーラー服でリラックス

__2
(イラストレーション by 中村成二)
 さすがに十一月になれば、少女たちのセーラー服も完全に冬服となり、紺一色。セーラー服は白で半袖の夏服が一番いいと思ってるぼくのようなセーラー服ファンには、今いちもの足りない季節である。
 セーラー服が好きという男にもいろいろあって、ぼくなんかは「セーラー服少女を眺めて愛でる」だけなのだが、「そのセーラー服が欲しい」というコレクター(合法的に求めるのはいいが、盗んだりするとやばい)とか、「セーラー服を着てみたい」という女装願望の持ち主まで、思い入れや程度の強さはさまざまだ。
 そういうセーラー服ファンに気になる情報が流れてきた。「男のためのセーラー服が売れている」というのだ。
 調べてみると『ボクセラ』というブランドで制作、販売されている男子用セーラー服があるのだ。ネットでみると、この製品の宣伝文句はこうだ。《部屋着として楽しめる気軽なセーラー服。「見て楽しむ」だけでなく着て満足する時代の幕開けです。「オトコノ娘(コ)になりたいが、いきなり街中で女装するのはハードルが高い」とお考えの貴方、誰にも知られず、こっそりと始めてみませんか》
 この男子用セーラー服の特長は、サイズが大きいこと。本物はよほど小柄でないかぎり着られなかった。このセーラー服は体格のいい男でもすんなり着られる。「着てみたい」と思っていたマニアは満足だ。
 スカートにフリルをつけたりしているので、コスプレ色が強い。本格的に女子高生に化けたい女装者にはものたりないかもしれないが、コンセプトはあくまでも「部屋着」なのだから、これは仕方がない。
「そもそも、どうしてセーラー服が部屋着になるのだ」と、女装願望ゼロのたいていの男は思うかもしれないが、ぼくは「すべての男のなかには女がいる」と思っているから、全然不思議ではない。男性社会でストレスにさらされている男が自分の部屋のなかでつかの間、女子高生になってリラックスできるなら、それでいいではないか。秘かなブームになっている男子用ブラジャーも、これと同じコンセプトの商品だろうね。「女装したいけどお化粧できない」と思っている男子は「首下女装」といって下着や衣服だけで女の子になる趣味から楽しむ。そういう層を開拓する「男子用女性服」は、これからもいろいろと出てきそうだ。

|

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »