« 草食男子の肉食化法 | トップページ | アメリカ女はレズが好き? »

2017年1月29日 (日)

セックスロボットがやって来る!

 あまりテレビドラマを見ないぼくが、去年わりと熱心に見続けたのは『ウエストワールド』という近未来SFドラマシリーズだった。西部劇の舞台のような世界を現実の空間のなかに作り出し、そこで悪党やインディアンと戦うスリルを味わうテーマパークの話。
 そこに登場する保安官やガンマンやカウボーイや殺し屋やインディアンや酒場の女たちはみなロボットなのだが、どこから見ても人間そっくり。客としてやってきた男たちは酒場女たちとセックスも出来る。
 ロボットだから記憶は作られたもので、殺されたりすると地下の工場へ運ばれ、修復され、さらに記憶をそっくり入れ替えられる。その過程で記憶の入れ替えがうまくゆかないロボットたちは「自分はいったい誰なんだ」と考え始め、やがて人間に抵抗するようになる……という筋立て。外からやって来た客の男など、牧場主の美しい娘を、ロボットと知りつつ恋してしまう。「人間とは何か、ロボットとは何か」を考えさせる、なかなか奥行きのある連続ドラマであった。
 すると最近、「人間とセックスするロボットが近いうちに完成する」というニュースが流れてきた。体はゴムと金属で出来、人間のようにセックスが出来るソフトウエアを備えたロボットが実現しそうだ——というのだ。実際に昨年末には、ロンドンのゴールドスミス大学では『ロボットとの愛とセックスに関する国際会議』まで開かれている。
 今までの人工性器をもつセックスドールと違うのは、女性ロボットの場合、男性を受け入れると、そのように反応するところだろう。腰を振るだけではなく声をあげたり悶えたりするのだ。相当高価なものになるかもしれないが、需要が拡大されれば、やがて「セックスロボットのテーマパーク」みたいなのが作られるかもしれない。
 今の社会、いろいろな理由で女性とセックスできない男性は大勢いる。セックスロボットはそういう男性に生きる喜びを与えてくれるだろう(現在のセックスドールはそういう男性たちに求められている)。そうなると当然、男性のセックスロボットも作られ、女性やゲイの男性のために供給されるだろう。これまで性の悦びを得られなかった男女が満足できるようになれば、社会の仕組み(結婚とか売春とか性犯罪)について、考えかたが大きく変わってしまうはずだ。もちろんセックスロボットと結婚し、一緒に暮らす人間も出てくるだろう。すごい時代になってきた!

|

« 草食男子の肉食化法 | トップページ | アメリカ女はレズが好き? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27542/64824589

この記事へのトラックバック一覧です: セックスロボットがやって来る!:

« 草食男子の肉食化法 | トップページ | アメリカ女はレズが好き? »