« 2017年1月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年3月27日 (月)

ホテルが怖くなる本

 最近出版された『覗くモーテル観察日誌』(ゲイ・タリーズ、文藝春秋)というノンフィクション本には驚かされた。
 ゲイ・タリーズは『汝の隣人の妻』などのベストセラーを発表した有名なジャーナリスト。1980年、コロラド州デンバー市に住む男から手紙をもらう。「私は自分の経営しているモーテルの各部屋に覗き穴を設け、そこから客に知られることなくプライベートな動向、特にセックスのありさまを観察してきました。興味がおありならこれまでの記録をお見せしたい」という内容。タリーズは半信半疑で現地に飛び、そこでジェラルド・フースという人物に会い、モーテルの仕掛けまで見せてもらう。平屋のモーテルの屋根裏を通路として、各部屋の天井に通気孔に見せかけた覗き穴を作り、好きな時に好きなだけ、客たちの行動を監視しできるようにしてあった。タリーズは実際にそこからカップルのセックスを覗かせてもらった。
 フースという人物は少年時代、近くに住む叔母夫婦の寝室を覗き見し、全裸で歩き回る叔母の姿に魅せられてオナニーを繰り返し、覗き魔になってしまった。その欲望を満たしたいために、わざわざ覗き見しやすい構造のモーテルを買い、経営者になったというから、その情熱には驚かされる。
 さらに驚くのは、彼は結婚し子供もいたが、看護師をしていた夫人も説き伏せ、自分の趣味に協力させたこと。つまり夫婦そろって覗きの欲望を満足させていたのだ。時には眼下のセックス行為を見ながら自分たちもセックスしたという。そうやって何百人ものカップルの行為——なかにはオナニーや近親相姦や獣姦やグループセックスや殺人もあった——をフースは日記に詳しく記録し、それを全部、タリーズのもとに送りつけたのだ。引退したあと、老齢のフースはそれらを公開することを許可した。それをまとめたのがこの本で「覗き」に興味がある人(ぼくも大好きだ)はぜひ読むべきだろう。
 フースは自分の行為を反省などせず「現代の人間のほうがあらゆる場面で覗かれている」とうそぶく。確かに今は覗き穴など作らなくても精巧な盗撮カメラをどこにでも取り付けられ四六時中の録画も可能だ。それが仕掛けられた宿泊施設はいろんなところにあるのだろう。日本だってきっとある。それを考えるとラブホなんか利用するのが怖くなるよ。しかしフースの記録はぼくのようなエロ作家には非常に参考になったなあ。
Photo_3

|

スパンキングはお好き?

 ぼくはSМ好きが高じてSМ小説を書くようになった男だが、SМプレイのなかで何が好きかと言われれば、ためらうことなく「スパンキング」と答える。相手のお尻を露出させて掌や定規やスリッパやベルトなどで打ち叩く行為がスパンキングね。
 残念なことに、日本ではスパンキングプレイは主流ではない。日本のサディストたちは多く縄でぎりぎりと女体を縛りあげ、ねちねちと下腹部をいたぶるのを好む。スパンキングに熱中するマニアのための情報はいたって少ない。残念である。
 これが欧米になると全然違う。ネットで検索すればスパンキングマニアのサイトやブログは無数にある。この違いはいったいどこから来るのだろうか。
 ぼくが考えるのは、やっぱり子供に対する親の躾け方によるのだと思う。欧米の親たちは幼児の頃から言うことをきかない子を容赦なくスパンキングする。お尻は少々強く叩いても深刻なダメージを与えることはない。それでもかなり痛い。子供たちに言うことをきかせる効果は高い。そういう育児文化からスパンキングを楽しむ男女がいっぱい生まれてくるのだろう。
 叩かれる時はパンツを下ろされ、お尻を丸出しにされるから恥ずかしい。そして痛い。しかしそれが子供たちのマゾヒズムを目覚めさせて、叩かれる方(スパンキーという)のマニアに成長させるわけだ。
 では、叩く方(スパンカーという)のマニアはどうやってでき上がるのか。成長してから誰かが叩かれる光景を見て興奮し、ハマってしまう例もあるだろうが、叩かれてもスパンカーになることが分かっている。スパンキングに関する調査で「スパンキングをしても効果は長続きしない。かえって反抗的になる」ことがわかってきた。つまり、叩かれることで子供の攻撃性がかえって増長してしまうのだね。あのヒトラーは、子供の頃、厳格な父親の前で丸裸にされ、鞭で尻をこっぴどく叩かれる躾けを受けて育った。つまり度を越した体罰はその子の性格をサドにもマゾにも歪めてしまうということだ。
 その点、あまり叩かれないで育った日本の男女は、スパンキングにあまり興味を持つことなく育ってしまう。これはスパンキングマニアとして非常に困るのだ。世の親は子供たちのお尻を泣くまでひっぱたいて躾けなさい。でなきゃ私のスパンキング小説が売れないじゃないか。……って何を言ってるのだおれは。
(画像は参考イメージ)
0015c

|

ブラジャーは有害か?

「これは下着メーカーが困っちゃうだろうなあ」という記事をネットで見つけた。アメリカの『ヘルシー・フード・フリッジ』というサイトで『ブラは有害、禁止すべき』というショッキングなタイトルをつけてアップされている。
 15年間にわたり330人の女性を調べたというジャン=ドニ・ルイヨンという医学研究者は、その結果をまとめて「医学的、生理学的、解剖学的にみて、乳房をブラによって支えることは何の利点もない。かえって垂れ下がってしまう原因になる」と結論づけたのだ。乳首についてはブラを着けないと平均より7ミリも成長するのだという。
 これは女性たちにとっては由々しき問題だろうね。下着メーカーは「ブラを着けないと乳房の形が崩れてしまう」と脅かし続けて、胸がふくらみかけた少女の年齢から、ブラを売りつけてきたのだから。
 別の研究者によると「成長期の世代には、ブラを着けないほうがコラーゲンの蓄積を促し、乳房に張りを生じさせる」とまで言っている。つまり定説とは反対。「ブラは有害」ということになる。
 実は、こういう問題提起は、これまでもなされてきて、ウーマンリブ運動が活発な頃は「ブラは女性を精神的にも束縛するもの」として、ブラを焼き捨てるデモまで行なわれて、下着メーカーを震えあがらせた。今は表面的にはブラ有用論が強く、ノーブラで通す女性は少なくなったけれど、やはり「どうしてブラが必要なのか」と疑問に思う女性はけっこうな数いるようだ。
 そういうブラ無用論に対して反対の声をあげる女性たちもいる。「ブラは必ずしも医学的、生理学的、解剖学的な立場で着けるものじゃない。女であることを意識するために必要なものである」と主張する女性も多い。
 うーむ、どうなんだろう。ぼくら男性は(力士を除いて)胸に支えるものが必要なほどのふくらみは無いからねえ、なんともコメントのしようがない。ただ、充分に発達したおっぱいの持ち主をみると「ブラはあったほうがいいんじゃないか」って気がするけどねえ。
しかし女性がブラに悩むというのも、人間だけが授乳期間以外も乳房を突出させている生き物だからなんだね。他の哺乳動物は子育てが終わるとおっぱいは引っ込んでしまう。人間は直立歩行するので、オスの目を引きつけるためにおっぱいが出っぱなしになってしまったらしいが、男としては引っ込まれるよりはいいような気がする。服の下で揺れるふくらみは、やっぱり魅力的だからねえ。
(画像は参考イメージ)
Photo_2

|

SMプレイ健康術

 ぼくは英語が得意ではない。英文を読むのは、ポルノなら何とかなるけど、学術論文となると最初の数行で挫折してしまう。専門用語もいっぱい出てくるし、そのたびに辞書をひかなきゃならない。出来れば論文は避けたいけれど、それでも時々、辞書をひきひき熱心に読まねばならない時がある。それはぼくの専門分野、SMに関する研究が発表された時だ。
 日本と違って、英米では性医学の分野で熱心な研究者が多い。たとえば「潮吹き」(女性の射精現象)についても、日本では研究対象にもならないのに、西欧ではいくつもの大学の研究チームが熱心に探求し、ついにそのメカニズムを明らかにした。しかし日本の医学界はそんなものを重視しないので、情報を紹介することもない。本当に何がどうなっているかは、直に英米の論文(といってもぼくが読むのは編集された要約だけれども)にあたらなければならない。ホント、日本の医学界はセックスの分野ではまったくダメダメなんだよ(と怒りたくなる)。
 そうやって欧米の性医学研究チームが発表するいろんな論文をまとめた記事を読んでいたら「変態セックスは体にいい」という記事が目についた。これは主にSMプレイの場合のМのほうについて、医学的な研究の成果を記しているのだけれど、簡単にまとめると、「SMプレイをすると、肉体と精神はストレスを受ける(そりゃそうだ縛られたり叩かれたり恥ずかしいことをされるんだから)。そうすると脳はそのストレスを緩和し相殺させるためにエンドルフィンなどの麻薬に似た物質を分泌させ、快感を生じさせる。よって苦痛は快感に変わり、肉体的精神的にストレスは除去され、体調は改善させる」と主張しているのだ。
 まあ脳内麻薬物質といわれるエンドルフィン分泌によって苦痛が快感に変わる現象はつとに知られているのだけれど、英米の研究チームはもっと詳しくいろんな人たちを実験台にしてしつこく研究しているのだね。その結果、「SMプレイによって人は健康になる」という結論を出してくるのだから驚きだし、ぼくのようなSMプレイヤーにとっては福音だ。「じゃあプレイしてみようかな」というМ女性がわんさか生まれてくれれば嬉しい。というわけで、「SMやって健康になろう!」という本を書いてみようかなと、少しマジメに考えているところだ。
(画像は参考イメージ)
Sh0469

|

大人の合言葉「いつかは3P」

 セクシーエッセイストの大泉りかさんが「AМ」というサイトで自分の3P体験について書いていた。その時は女性一人に男性二人のプレイだったという。酔いすぎていたせいか三人ともイクことが出来なかったので、成功とは言えないプレイだったが、それでも「気持ち」的には満足だったという。
 その理由は、二人の男性から求められる行為は「モテ」気分を充分に満たしてくれたからだと述懐している。つまり長年憧れていた3Pという行為は「モテ欲を満たす」ところにあると悟ったのだね。
「うーむ」と思ったね。これまで3Pについては少しばかり体験もしたりしてみたけれど、いつも男の視線から考え行動しているから、女性が何を求めているかはまったく考えたことはなかった。
 3Pセックスは、女二人男一人の組み合わせもあるが、これはなかなかうまくゆかない。男の射精能力や賢者タイムの問題もあるし、女性たちを平等に扱えないことによる心理的な争いが生じることで、最後はぎくしゃくしがちだ。ぼくならあまり推奨しない。
 これが女一人なら、男は共同して、入れ替わり立ち替わり女性を長時間喜ばせることができる。不思議なことに、男二人の間で競争心も生じ、女性は熱烈な愛撫を前から後から、上から下から与えられる。確かに女性の側からすれば、二人がかりで自分を悦ばせようとやっきになってくれるのだから、精神的には満足度が高いプレイになる。
 しかし3Pプレイは、これまでパートナーとだけで行なってきたカップルには、試してみるにはハードルが高いかもしれない。もちろん恋愛真っ最中で、お互いに夢中になっているカップルには考えることさえ出来ないだろう。
 しかしパートナーとのセックスはいつかは飽きがくる。悲しいけれどこれは事実だ。だから周囲にはセックスレスのカップルが溢れて、いろんな悲劇が生まれる。それを解消する方法のひとつとして3Pセックスは非常に有効な手段だ。
 よい相手を見つけることが出来れば(今はネットでも簡単に探せる)セックスレス化しつつあるカップルはぜひ一度トライすべきだ。ぼくの経験からしてセックスを楽しむ関係を続ける最良の方法は、3Pセックスの導入だと言い切っていい。男性は適度に嫉妬心を刺激され、女性は「モテ欲」をたっぷり満足させられる。「いつかはクラウン」なんて言葉があったが、「いつかは3P」。それが大人の男女の合言葉だ!

|

マゾの不思議が分かった!

 ぼくは官能小説を書いているけれど、専門はSMである。おかげで、その世界の人たちとはけっこう交流ができて、いろいろな体験を味わうことができた。
 しかしSMマニアと接していつも驚くのはマゾの人たちのありようだ。サドは自分がそうだからよく分かるけれど、マゾはよく分からない。もともと人間には「快楽原則」というものが備わっていて、苦痛を避け、快感を求めるように行動する。現在の文化というのはこの原則の上に成り立っている。
 それなのに、マゾの人はその反対をゆくのである。拘束されて、恥ずかしい恰好をさせられて、鞭で叩かれたり、●●や××や、ここでは書けないひどいことを一杯されて痛い痛いと泣き叫ぶ。なに、無理強いされるわけではなく、自分から求めてひどいことをされて、最終的には快感を覚えているのである。とそのありようは快楽原則から外れているとしか思えない。
 今では、苦痛や屈辱を味わうと脳内麻薬と呼ばれる物質が分泌されて、ホントに気持ちよくなるメカニズムが内蔵されているからだと分かっている。SMの「調教」というのは、その快感メカニズムを動かす訓練に他ならない。
 しかし、マゾの女性に聞くと、ほとんどがそういう調教を施される前から「いじめられたい、ひどい目にあわされたい」という願望を抱いている。だからサドのぼくが書いた小説もけっこう読んでくれている。どうしてそんなふうになるのか、マゾではないぼくは、ずっと不思議だなあと思っていたのだが、最近ネットの「AМ」というサイトで、脳研究者で東大薬学部教授の池谷裕二さんがインタビューに答えているなかで「そうだったのか!」と思う言葉が目に飛び込んできた。池谷さんはこう言うのだ。
「現実ではないとわかっていることを想像するのは、実は気持ちがいいんです」
 そうだったのか! ぼくが書いたSM小説をマゾの女性も買ってくれるのは、現実ではないことを妄想して気持ちよくなる効き目があるからなのだ。
 人間はもともと支配されて不自由な状態にいることが気持ちいいと感じる生き物なので、そういう状態を妄想するだけで、もう快感を覚えてしまうのだ——と、ものすごく簡単に要約したけれど、マゾの人にとってはぼくの小説もそれなりの効用があるらしい。なんかスッキリしたぞ。
(画像は参考イメージです)
Ashleyintro

|

男がゲイに目覚める時

 ぼくはゲイではないが、友人知人にゲイの人は何人かいる。彼らとの話によれば、自分がゲイであることを自覚するようになったのは、だいたいが思春期のころ、つまり声変わりしたり、ヒゲや陰毛が生えるなど第二次性徴が確立するころだという。なかにはずっと遅く、高校を卒業して、ようやく気がついたという例もある。いずれにしろ、性欲がさかんになる二十代はじめには、たいたいが「おれはどこか違う」と思い、悩みながら徐々にゲイという人生を歩むようになるというのがふつうだと思っていた。
 ということは、二十代も半ばを過ぎたら、もう自分がゲイである可能性は無いということになる。とっくの昔にその時代を過ぎたぼくは、もう自分のセクシャリティ(自分の性欲のありかた)に悩むことはあり得ないはずだ。
 ところが先日、いつも電子版で購読しているまんが雑誌『本当にあった笑える話』の最近号を読んでいたら、菅島さとるというまんが家さんが、『ゲイの遅咲き狂い咲き』という自伝まんがを発表していて、それを読んでひどく驚かされた。
 菅島さとるさんは、どこからみてもふつうの三十代後半の男性。性については悩むことなく、少年時代、青年時代を過ごし、ふつうに恋愛し、結婚し、子供を作ろうと性生活もがんばったという。
 ところが、不運にも子供に恵まれず、それが原因で離婚にいたる。30代半ばで家庭を失ない、孤独を覚え悩んでいた時、ある夜、菅島さんは熊さんタイプの男性に抱かれる夢を見て、びっくりして飛び起きた。それまで一度としてそういう夢など見たことがなく、男性に対して性欲を覚えたこともなかったのだ。それ以来、菅島さんは自分のなかに「ゲイの自分」がいるのではと思い、否定したり肯定したり、悩みながら徐々にゲイ同士のつきあいを始めてゆく。最後は、やはり「ごくふつうのおじさん」と出会い、彼から求められてセックスを初体験する。めでたしめでたし(だよね)。
 それにしても30代半ばでもゲイに目覚めるのだ。これを読んでるあなたも、明日、目覚めちゃうかも知れないのだよ。うーむ、と自分のセクシャリティについて考えこんでしまったではないか。ひょっとして男は、みな自分のなかに「ゲイの自分」がいて、たまたま死ぬまで目覚めなかったやつが「ふつう」(ゲイの世界ではノンケ)の男なんじゃないかね。そんな気もするなあ。
(画像は菅島さとるさんの twitter より)
Photo

|

アメリカ女はレズが好き?

 世界各国の男女が、どんなポルノを好むかが分かる、面白い記事をネットで見つけた。アメリカの『PornHub(ポーンハブ)』という巨大アダルトサイトが、去年一年間、ユーザーがどんなポルノを見たがったのか、統計を発表したのだ。
 このサイト、世界じゅうのどこからでも誰でも動画をアップロードでき、それを全部無料でダウンロードして視聴できる。2016年の1年間で視聴されたポルノ動画の総本数は919億8000万本で、1日当たり約6400万人がこのサイトを訪問した。それだけポルノ好き人間がいるんだねえ。
 で、面白いと思ったのは、一番多く使われたキーワードは「レズビアン」だったということだ。カテゴリーでも「レズビアン」部門が堂々の一位。これにはちょっと驚かされた。ぼくもレズビアンものが好きだ。男が女とセックスするのを見るより、女同士がセックスするほうが、よほど興奮する。まあゲイであれば別だろうけど、男性の裸とか性器に興味がないからだろうねえ。
 しかし、世界中の男女がみんなレズものが好きなわけではないだろう。そこで詳しく見てゆくと、レズものを見たがるのは圧倒的に女性が多いのだね。キーワードでは上位5位のうちベスト1と2と5がレズ関係だった。
 では男性はというと、ベスト1が「熟女」、以下「継母」「義姉妹」「日本人」「母親」と続く(日本女性を見たがる男たちが多い!)
 利用者が一番多いアメリカでは、女性の比率は25パーセント。それなのにトータルでみるとレズビアンが一位に来る。どうやらアメリカ女性のレズ好みが統計を押し上げているらしい。ちなみにアメリカ女性がレズ以外に見たかったのは「3P」「黒人の巨根」「継父と娘」だった。
 どうしてアメリカの女性はレズビアン・ポルノを見たがるのだろうか。それともアメリカ女性に関わらず、どこの国の女性もレズに憧れるのだろうか。ポーンハブの統計ではそこまでは分からないけれど、人は「自分がやれないこと、夢想や妄想するだけのことに憧れる」性質がある。だとすれば、アメリカの女たちは、レズをしたいけれど出来ない、一度やってみたい、と思いながら悶々として、それでレスビアン・ポルノに走っているのかもしれない。前にも書いたけれど、最近は日本でもレズ風俗が隆盛してきて、そこに行く目的は「癒し」が多い。アメリカ女性も、同性同士のセックスに癒しを求めるようになったのかなあ。
(画像は参考写真です)
11150943_671931946244847_6665081365

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年6月 »