« セックスロボットがやって来る! | トップページ | 男がゲイに目覚める時 »

2017年3月27日 (月)

アメリカ女はレズが好き?

 世界各国の男女が、どんなポルノを好むかが分かる、面白い記事をネットで見つけた。アメリカの『PornHub(ポーンハブ)』という巨大アダルトサイトが、去年一年間、ユーザーがどんなポルノを見たがったのか、統計を発表したのだ。
 このサイト、世界じゅうのどこからでも誰でも動画をアップロードでき、それを全部無料でダウンロードして視聴できる。2016年の1年間で視聴されたポルノ動画の総本数は919億8000万本で、1日当たり約6400万人がこのサイトを訪問した。それだけポルノ好き人間がいるんだねえ。
 で、面白いと思ったのは、一番多く使われたキーワードは「レズビアン」だったということだ。カテゴリーでも「レズビアン」部門が堂々の一位。これにはちょっと驚かされた。ぼくもレズビアンものが好きだ。男が女とセックスするのを見るより、女同士がセックスするほうが、よほど興奮する。まあゲイであれば別だろうけど、男性の裸とか性器に興味がないからだろうねえ。
 しかし、世界中の男女がみんなレズものが好きなわけではないだろう。そこで詳しく見てゆくと、レズものを見たがるのは圧倒的に女性が多いのだね。キーワードでは上位5位のうちベスト1と2と5がレズ関係だった。
 では男性はというと、ベスト1が「熟女」、以下「継母」「義姉妹」「日本人」「母親」と続く(日本女性を見たがる男たちが多い!)
 利用者が一番多いアメリカでは、女性の比率は25パーセント。それなのにトータルでみるとレズビアンが一位に来る。どうやらアメリカ女性のレズ好みが統計を押し上げているらしい。ちなみにアメリカ女性がレズ以外に見たかったのは「3P」「黒人の巨根」「継父と娘」だった。
 どうしてアメリカの女性はレズビアン・ポルノを見たがるのだろうか。それともアメリカ女性に関わらず、どこの国の女性もレズに憧れるのだろうか。ポーンハブの統計ではそこまでは分からないけれど、人は「自分がやれないこと、夢想や妄想するだけのことに憧れる」性質がある。だとすれば、アメリカの女たちは、レズをしたいけれど出来ない、一度やってみたい、と思いながら悶々として、それでレスビアン・ポルノに走っているのかもしれない。前にも書いたけれど、最近は日本でもレズ風俗が隆盛してきて、そこに行く目的は「癒し」が多い。アメリカ女性も、同性同士のセックスに癒しを求めるようになったのかなあ。
(画像は参考写真です)
11150943_671931946244847_6665081365

|

« セックスロボットがやって来る! | トップページ | 男がゲイに目覚める時 »