« ホテルが怖くなる本 | トップページ | 痴漢という誘惑 »

2017年6月 8日 (木)

中折れ対策は鼻呼吸だ!

 先日、あるところでAV男優の田淵正浩さんと言葉を交す機会を得た。田淵さんはいま50歳だが、年に300本ものAVに出演している。これまで相手にした女優さんは8千人をゆうに越える。黒いスーツをびしっと着こなし清潔感あふれるヘアスタイル、落ち着いた態度に話しかたは、どこから見ても一流のビジネスマンだ。
 その田淵さんがこのほど、『男の作法』(徳間書店)なる本を出した。聞けば「自分で編み出した中年男性のためのセックス鍛練法」をまとめたものだという。「どういうことが書かれているのですか」と問うと「一番大事なポイントは、セックスの最中、口を開けないということです。口を開けてセックスをするとパワーがそこから抜けてしまう。鼻で呼吸し口を閉じて行なえば、中折れなど起きなくなります」という答。
 中折れというと中年以後の男性にとっては大きな悩みの種だ。どんなに絶倫の精力を誇っていても、必ず「中折れの壁」にぶち当たり自信を喪失する。一度経験すると「今度は大丈夫か」と心配になり、二度続いたりすると「おれはもうダメだ」と絶望してしまう。そういう大問題の解決法を、田淵さんはサラリと「鼻呼吸すれば大丈夫」とアドバイスしてくれるのだ。何せ当代一流のAV男優が編み出した技法なのだ。信用するしかないではないか。
 ともあれ『男の作法』を購入して読んでみた。まず驚いたのは、若い頃の田淵さんは虚弱な体質で、一度射精するとヘロヘロになって、性的なパワーの乏しさに悩んでいたということ。そこでいろいろな健康法や健康食を試したあと、ある鍼灸師さんに出合い、その教えを守るとたちまち抜群のパワーを得た。『男の作法』は、その教えに自分なりの鍛練法を加えて完成させた『田淵メソッド』をていねいに説明している。
 最も重要だと言われた「口を閉じ鼻で呼吸せよ」という、目からウロコが落ちるようなテクニックばかりでなく、女性を相手にする時の精神的な心がまえまでを伝授してくれる、実にすばらしい本である。ぼくは「もっと若い頃にこの教えと出会っていたならなあ」と、非常に残念な思いを味わったことだよ。いま現在、中折れに悩み、女性を充分に満足させられないという不満を抱いている中高年男性は、ぜひとも田淵さんの教えを学んで欲しい。まるで宣伝みたいだけど違うよ。ぼくの言うことを信じるのだ!

|

« ホテルが怖くなる本 | トップページ | 痴漢という誘惑 »