« 羞恥心は作られる | トップページ | タマタマのシワが気になる? »

2017年6月 8日 (木)

ピストン停止で中イキ

 トランプ大統領とメラニア夫人ほどではないが、ずっと年下の恋人を得てラブラブだった友人が、ご機嫌で電話をかけてきた。
「いやー、いろいろ苦労したけれど、ようやく中イキさせることが出来たよ!」
 そりゃ大変けっこうなことだ。中イキ、つまり膣の中を刺激されて味わうオルガスムスは、すべての女性が体験できるわけではない。統計によって差はあるが、多くても半分、少ないほうでは3分の1という確率。
 男としては中イキさせてやりたいと必死になって頑張るけれど、イカない女性は途中で醒めてしまったり、痛いだけになったり、仕方なくイッたふりをして終りにしてもらう場合が多い。「私はそういう体質じゃない」と、はやばやと諦めてしまう女性もいる。
 友人の恋人も、彼と知りあう前から一度も中イキを経験していなくて、半分諦めていたらしい。彼もベッドインするたび、バイアグラを服用してせっせとがんばったのだが、いつもいいところまでいくのだが、最後のほうで彼女が引いてしまう。そういう状態が長く続いたようだ。
 ところがある時、挿入していつものようにピストン運動を始めようとしたら、彼女が「まだ動かないで」と頼んだという。彼女もどうしてそんな頼みを口にしたのか分からないが、なんだか結合した状態をじっくり味わってみたくなったようだ。
 だから友人も深く結合したまま強く抱きしめてジッとしていると、ペニスがウニョウニョと包みこまれるような感じがしてきたという。優しくフェラチオされる感覚かな。とにかく彼女の膣のヒダヒダが自然に動きだして締めつけたり緩めたりし始めたのだ。
「彼女も『こんなの初めて!』と驚いていたけれど、おれに動かないでそのままでいてくれというので、おれも動きたいのをガマンしてジッとしていた。そうしたら突然、強く感じ始めてね、おれの上に跨がる形になって自分から腰を使いだしたんだ。それまでのセックスではそんなふうに自分から動くなんてことはなかったんだけどね」
 結局、彼女が猛烈に乱れてきたところで彼が激しいピストン運動を加えると、突然彼女は大声をあげてのけぞり、オルガスムスに達してしまったという。
「男は彼女の中に入れたら、ひたすらピストン運動することばかり考えている。逆にジッと動かさないことで彼女の膣のどこかが目覚めたんだろうなあ。いやあ女の体は神秘的じゃ!」
 友人はそう感動していたけれど、確かにそういうことはぼくも経験している。ピストンするだけがセックスじゃないんだね。

|

« 羞恥心は作られる | トップページ | タマタマのシワが気になる? »