« マニキュアがレイプを防ぐ | トップページ | 覗きバイブにご用心 »

2017年6月 8日 (木)

浮世絵の謎がとけた!

『裸はいつから恥ずかしくなったのか〜「裸体」の日本近代史』(中野明、筑摩書房)という本を読んでみた。著者は、百五十年前、日本にやってきた外国人が、公衆浴場で混浴する男女や、家の中でも外でも、公共の場でも、裸体を平気でさらす人々に驚き呆れ、それに関する多くの記録を残していることに関心を抱いた。最初の部分は、そういった記録、文献をていねいに調べてゆく。そこで分かったのは、幕末期までの日本人は、本当に「はだか」でいることを何とも思わなかったのだということだ。公衆浴場=銭湯は混浴が当たり前で、興味をもった外国人が入りこんできても誰も驚いたり騒いだりせず、平気で見られるがままでいたという。
 ペリー提督ら外国人は、裸体を人に見られることは恥ずかしいことだと思う文化(つまり今の日本人と同じ文化)で育っているから、混浴が当たり前の銭湯や、庭先で平気で行水する民衆の風俗に仰天してしまった。本気で「日本人ほど淫らな国民はいない」と軽蔑する外国人もいた。いや実際、この書を見れば、今の日本人も呆然としてしまう。銭湯から全裸で帰宅するのは当たり前、若い女性が人に見られながら水浴したり行水しながら、近所の若者たちと平気で会話し、若者たちも特に女性たちの裸体を意識していない様子が描かれている。信じられない風習の時代があったのである。
 著者はこの時代の裸体についての感覚は「顔の延長」だったと指摘する。顔を見ても見られても誰も気にしないと同じように、幕末期までの日本人は自分や他人の裸体のことを、そんなに気にしなかった、意識しなかったのだ。いや、実におおらかで、何となく楽しい時代だったのだねえ。
 しかし裸体を気にしない文化は一つの問題を生じる。つまり裸体だけでは男女共に性的な興奮を覚えないという事態だ。そこで、寝床などで性欲を高めるためには、単に裸になるだけでなく、特別な仕掛けが必要になる。著書は、それが浮世絵(の中でも春画と呼ばれるポルノ絵)だと言う。なるほど、浮世絵で描かれる巨大なペニスやヴァギナや、精密に描かれた陰毛などは、無茶苦茶、デフォルメされ誇張化され、猥褻感をもたらすように描かれている。それはふつうの裸では、当時の日本人は何も感じなかったからなんだねえ。どうしてあんな描きかたをするのだろうと不思議だったが、その理由が分かった。「嘘だろ」と思う人はこの本、読んでみて。

|

« マニキュアがレイプを防ぐ | トップページ | 覗きバイブにご用心 »