« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月24日 (木)

SМファンの学園理事長

 学校法人加計学園の理事長の姿がマスコミにたびたび登場するようになった。その姿を見るにつけ思い出す人物がいる。

もう十数年も前になるだろうか、あるSМバーにいたところ、同席していた恰幅のよい初老の紳士が「や、あなたが館淳一さんですか。私や昔からあなたのファンで初期の頃から作品はずっと愛読していました」と、なれなれしく言い寄ってくるではないか。

 まあぼくもSМポルノを書き始めてから40年。中高年のファンは多い、というかほとんどがそうだ。

 さて、その豪放磊落、少し脂ぎったという印象の人物、途中で名刺をもらって驚いた。さる地方の(これは書けない)学校法人の理事長なのだ。それも加計学園同様、幼稚園から大学院まで、さまざまな学校をもっていて、そのグループの頂点にいる。加計学園ほどではないけれど、その地方では知らぬ者のない名士で、たぶん富豪でもあろう。

 ぼくもいろんなファンから正体を告白されたけれども、これほどの人物と出合ったのは初めてだった。まあ、どんなに品行方正な紳士に見えても、SМが好き、エロが好き、変態である――という素顔を持ってるのは不思議ではないけれども、やはり教育界の上のほうにいる人だからね、そういう人とはめったに知りあえない。

 そこで質問してみた。「昔からのぼくのファンは分かりましたが、今はどうなんですか?」

 いや率直に答えてくれましたなあ。「最近のあなたの作品はつまらないので読んでません」 ギャフンである。

 しかしまあ仕方がない。初期の売れない時代のぼくは、売れないのをいいことにずいぶん無茶苦茶な話を書いていた。中学生の兄貴が小学生の妹をSМで犯す、ぐらいはまだいいほうで、その妹が実は女装した美少年だったりした。売れてくると「そういう非常識なお話はやめてください」と、どこの出版社からも言われて、以後、あまり過激なことは書けなくなってしまったのだけれど、初期からのファンは、実はそういうところが大好きなんだね。つまり変態の度合いが高い。その理事長もかなりの変態だったから、後期のぼくの作品を認めてくれない。それはいいんだ。

だけれどもハッキリ言い過ぎじゃないの。以来、ぼくの作品で悪役を務めるのは学校法人の理事長ということになった。でもまあ憎んでいるわけじゃないんだけどね。ひょっとして加計学園の理事長も昔の私のファンだったりしないかね。だったら何をやっても私は許す(悪いか)。

|

2017年8月22日 (火)

男が怖がる女の性欲

 川奈まり子さんといえば、知らぬ者ない元人気AV女優。今は作家業のかたわら、AV出演者への支援やAV業界の健全化に向ける活動を活発にしておられる。彼女の発言にはいろいろ教えられることが多いので、いつも言動を注目しているのだが、自分のブログ『しらべえ』に書かれていた文章にちょっと触発されたので引用してみたい。
 女流官能作家の花房観音さんとの対談を文章にしたものなのだが、そのなかで川奈まり子さんは、女性の性欲についてこう書いている。
《女性にももちろん性欲がありますが「性欲があるということ」が認められづらい世の中です。私は21歳で結婚したんですけど、最初の夫は私が性欲を持つことをすごく嫌ったんですよ。彼は若い女の子が好きで、私が大人になってセックスが楽しくなり、「彼ともっとしたい」と思うのが、彼には許しがたかった。性欲も感情もない、物のような「綺麗なお姉ちゃん」でいてほしかったのでしょう。彼は極端だったけれども、世の中の男性が「女性に性欲を持っててほしくない」「女性の性欲について考えたくない」と考えるのは、社会がそういう構造になっているからなんじゃないかなと気づいたんです》
 これを読んでまず思ったのは、「パートナーの女性が性欲を持つことを嫌うというのは、ほとんどの男がそうじゃないかな」ということだった。とりあえず自分の性生活を省みても、やはりそういう部分は多かったんじゃないかと思う。女性ファーストを常に考えるぼくにしてそうなんだから、世の男性、ほとんどの男が「女は性欲がなくていい」と思ってると思うはずだ(無茶な推測だが間違ってないと思うぞ)。
 もちろん女にも性欲があっていいのだが、それは自分がセックスしたい時だけのことで、自分がやりたくない時は女のほうの性欲など邪魔なだけだ——そう思ってるでしょ、これを読んだあなたも。
「いや違う。ぼくは女性の性欲を百パーセントと尊重する。彼女が『セックスしたい』と言ってきたらいつでも応じる!」なんて胸を張って言える男は、まあ新婚さんぐらいしかいないんじゃないか。
 川奈まり子さんが指摘する「女の性欲を恐れる男」という問題は、セックスレスや少子化など、この国が抱えている深刻な問題の根本にある、根深い原因なんだろうと思う。どうしてわれわれ男は、女性が性欲を持つのを嫌い、恐れるんだろうか。答を知ってる人は教えてほしい。

|

ポニーテールを嫌う教師たち

 ぼくは女性のヘアスタイルについて、あまり関心のあるほうではない。大ざっぱにいえば、フワフワモヤモヤした、ウェーブのかかったロングヘアーよりも、首筋がくっきり見えるストレート&ショート系が好き、というぐらい。まあ一番の好みは、スポーツ選手が競技の時にしてる、額を広く見せてくれるひっつめだけれども、だからといって好きになった人にそれを強要することはない。
 ところが最近、ネットで信じられない「ヘアスタイル強要」の話を聞いた。中学校で、校則として「女子のポニーテールを禁止する」と定めているところがあるというのだね。ポニーテールというのは知らん人はいないと思うが、長めの髪を首の後ろのところで縛って馬のシッポのように垂らすヘアスタイル。
「はて、中学生ぐらいの少女のポニーテールって、見るからに爽やかでサッパリしていて何か問題があるとも思えないが」と不思議に思ったのだけれど、禁止の理由を聞いて、思わずのけぞったね。
 なんと「ポニーテールにするとうなじ(首筋)が見えて、男子の欲情を刺激するからダメだ」というのだね。あまりにもめちゃくちゃな論理で「ホントに教育者がこんなことを考えたのか」と思ったけれど、現実に複数の中学校がこういった校則を設けているらしい。
 つまり学校の教師たちの中には「男子の生徒は女子のうなじを見ると欲情して勃起して勉強のことなど忘れてしまう。少女のうなじは非常に危険で有害なものである」という認識があるらしい。どういう育ち方をしたんだよ、そういう教師は。
 で、調べてみると「ブラジャーを着けてはいけない」なんてトンデモない校則もある。「肩紐が見えると男子生徒が発情してしまう」という理由らしい。「発育の良い少女は体育の時など困ってしまうではないか(常にТシャツを着せられるらしい)。「スカートの下は体育用のハーフパンツをはくこと」なんてのもある。スカートの下からうっかりパンティが見えて男子生徒が発情してレイプしたくなると恐れてるのかい。
 そういう無茶苦茶な校則を考える教師たちは「かつて自分がそうだったから」という、体験があるからなんだろう。同じ年頃の女生徒のうなじやブラジャーの肩紐やスカートの下のパンティを見てケダモノになったみたいに欲情し勃起しオナニーに狂った経験があるんだろう。だからってそれを禁止してしまうのは大間違いだろ。男の子はみんなそうやって成長してゆく。「おまえたちも楽しめ」となぜ思えない。こんな教師は失格だ!

|

ボコボコされる男に燃える

 ぼくはただの官能作家ではない。専門分野はSМを含む異常性愛の世界。読む人が「えッ、こんなセックスするやつ、ホントにいるの!?」と驚くような「非日常的なセックス」を書きたい。
 だからネタを探しにあちこちウロウロするわけだが、本当に驚くようなセックスをしている人間がいたとしても、それを公言したり見せたりしているわけではないから、異常なセックスの取材はけっこう難しい。さっきも「異常性愛の分類」なんてリストをながめていたのだが、「ん!? これはあの女のことかな」とふッと思い出した。それは“アベイショフィリア”という嗜癖(やみつきになる癖)で日本では「身体障害性愛」と訳される。たいていの場合、ケガをして包帯や松葉杖、車椅子などの治療器具の世話にならないという障害を負った男女に性的な興奮を覚えるという、薄気味悪い嗜癖の持ち主。まあ異常性愛は正常者からみればみんな薄気味悪いけれどね。
「あの女、これだったのか」と思い出したのは、かつて都心の暴力団の下っぱ組員だったIさんと付き合っていた時のこと。その組はもっぱら闇金融をシノギにしていて、かなり荒っぽいことで知られていた。
 ところがこのIさん、会うといつもケガしてるんだね。頭を包帯でグルグル巻きしたりサングラスの下の片目が真っ黒だったり、片腕を吊ったりギプスをして杖をついて歩くなんてのがしょっちゅう。「すごい人だなあ」と感心した。こんな人が借金返せとやってきたらすぐ返したくなる。
 その時、気づいたのが彼の横にはちょっと凄みのある美人(20代半ばぐらい)がいつも連れそっていて、動作の不自由な彼の面倒を何くれとなくみている。おそらくIさんがヒモで彼に貢いでいるんだと思っていた。
 五、六年して久しぶりに酒場でIさんに会ったらいいスーツを着て貫録たっぷり。組のなかで昇進したらしい。ケガもしていない。ただ、あの凄みのある姐さんの姿がない。それを訊いたら「あいつ不思議なやつでなあ、おれがボコボコにされると燃えるんだよ。ケガの手当てをしてる最中から興奮してハメにくるようなやつだったが、おれが偉くなってケガしなくなると、興味を無くして分かれてった。今はボクシングの三回戦ボーイが恋人らしい。そいつはいつもボコボコにされてるよ」。Iさんは苦笑いしていた。いるんですねえ、こういう異常性愛の持ち主って。

|

少女雑誌がアナルセックス特集

「これ、日本じゃとても考えられない企画だな」「やったら雑誌はつぶされちゃうだろ」と、出版関係者たちが腰を抜かしそうなほど驚かせる事件が、アメリカから伝わってきた。
 その雑誌とは『ティーン・ヴォーグ』。有名ファッション誌『ヴォーグ』の十代向け季刊誌。デジタル版と紙版を発行している。主な購買層は11歳から17歳。日本ならちょうど中高生の世代だ。
 この『ティーン・ヴォーグ』6月号が『アナルセックス・ガイド』と銘打って、大々的にアナルセックス(肛門性交)のやり方を教える特集記事を掲載したのだ。
 筆者はジジ・イーグルというライターで性教育家。まず「アナルセックスは悪いことでもなんでもない。人類は大昔からアナルセックスを楽しんできた」と説明し、なぜアナルセックスが楽しいのか、図解しながら、男性と女性の肛門や直腸の違いなどもキチンと教えている。
「潤滑することが大事」「乱暴な行為はいけない」「当然ウンチはつくわよ」と、いやまあ、日本の中高生の親たちが読んだら卒倒しそうな詳しい説明が続く。ぼくが読んでも「よくもここまで書いたなあ」と驚くぐらいだ。ぼくは商売柄、知ってることばかりだけれど、アメリカでも、これを読むまで知らなかったことが書かれていて驚いた親や教師は多かったんじゃないか。
 当然ながら、これは大問題に発展した。今でも進化論を教えちゃいけない州があるぐらいの国だし、アナルセックスは犯罪だと考えている人たちも多い。「子供にこんなものを教えるな」と反発する層が、この『ティーン・ヴォーグ』誌を火に投げこむ焚書事件もあちこちで発生した。
 しかし『ティーン・ヴォーグ』誌の編集部はビクともしてないようだ。編集長は「私はカトリックの学校を出たが教師は『セックスはするな』としか教えてくれなかった。おかげで大学ではHIV感染者と知らずに寝てしまった(感染しなかったようだが)。私のカトリックの学校は私たちに知識を与えないことで、危険にさらした。禁欲のみを教える性教育は、若年での妊娠や性感染症のリスクを高めることは各種の研究で明らかになっている」と宣言している。
 ぼくなんか「親が禁止しても子供は自然にセックスを体験し、やがてアナルセックスも試すようになる。それなら早いうちに正しいやり方を教えておいたほうがいいじゃないか」と思うだけだけど、そうはいかないと思う大人も多いんだろうなあ。
Teenvogue

|

スマホでオナニー

 アダルトグッズ業界に関係してる人と話していたら、今、業界が注目しているのは、オナニーグッズとしてのスマートフォンなんだという。
「なるほど、バイブ機能がありますからね、女性がこっそり使うのにはいいかも。でも、バイブさせるには誰かに電話してもらうかメールしてもらわなきゃならないでしょ?」
 相手はびっくりしたようだ。「あれ、知らなかったんですか!? 今じゃバイブ機能だけオン・オフさせるアプリがいっぱい出ているんですよ。『ツボを刺激する』などという名目のもありますが、ズバリ、オナニー用と銘打ったのもあります。ほとんどが無料でダウンロードされてるんですよ。すごい人気です」
 それは知らなかった。ということは、今、女性は手軽なオナニー用バイブを毎日、持ち歩いてるってことなんだ。
「そうなんですよ。その気になったらいつでもどこでもスマホをアソコや乳首に押し当てて楽しむことが出来ます。愛液の多い女性はビニールの袋に入れないと濡れて壊れちゃいますけど」
 これまでは女性用のオナニーグッズとしてはパールローターに代表される、カプセル形の小型バイブだったが、音が大きいし、買いにくいし持ち歩きにくいし、隠してても見つかったら言い訳できない。しかしスマホならなんの問題も起きない。
「それじゃ女性用バイブは全滅だね」と言ったら、そこが判断の分かれるところだという。「スマホのバイブは、振動の強さはローターより弱い。やがてもっと強い刺激を求めて、本格的な女性用バイブレーターが欲しくなるユーザーも出てくる。一概にスマホが敵とも言えないんですなあ」
 なるほどね、スマホはオナニーグッズを使う層を広げる可能性もあるわけだ。
 その業者さんは日常の生活用品のなかで女性がオナニーに使うモノをいろいろ挙げてみてくれたが、スマホの次は電動歯ブラシなんだそうだ。なるほど、これも持ってて怪しまれないモノだ。
「あと、意外ですが男性が顔の汗や脂を拭きとるフェイシャルペーパーというのがあるんです。これをクリトリスに押し当てると、ヒヤッとした刺激が何ともいえないんです。これでクリトリスを刺激したあと、そのまま膣の中に押し込んで中も刺激するというテクニックが、かなり人気のようですよ」
 男たち同様、女性もいろいろ工夫してオナニーを楽しんでいるのだなあ。いいことだ。

|

セックスは非日常がイイ

 これだけ医学が発達しても、セックスの分野では解明されないことが多い。だから正しいと証明されないまま「常識」とされていることが多かった。「女性が充実したセックスを味わうためには、リラックスした環境と時間が必要だ」という説もそんな常識の一つ。
 ところが最近になって「それはただの俗説。実は反対のほうが女性は満足できる」という説が注目されてきた。女性のオルガスムスについて研究しているテキサス大学のシンディ・メストン博士が、多数の女性の感じ方を調査した結果、こう説いているのだ。
「私たちは長年ずっと『泡風呂に入って落ち着いて、ゆったりした音楽を聴いて、深呼吸して、リラックスしてからセックスするといい』と教えられてきた。けれども私の研究からは、逆のことが分かった。女性は活発になってる方がいいんです」
 博士によれば男女が追っかけごっこをしたり、ジェットコースターに乗ったり、お笑い芸人のショーを楽しんだりするほうが、セックスを始めるのに適している、というのだ。
 どういうことかというと、体をさかんに動かしたり、スリルを味わったり、大笑いして感情が高ぶっている時のほうが交感神経が反応する。そうすると無意識に筋肉が収縮し、心拍や血圧が変化し、跳びあがったり戦闘態勢に入ったりできるようになる。セックスの前にこの交感神経系が活性化されれば、女性は刺激により速く、強く反応できるようになると、メストン博士は言うのだ。
 確かにリラックスして密室のなかでやるセックスというのは、習慣になると飽きてしまう。外部からの刺激がない環境でのセックスは、やがてセックレス化を招いてしまう。
 それとは逆に「誰かに見られそうだ」という場所で、興奮してしまったセックスを体験することがあるだろう。ふだんはセックスと無縁なオフィスの中とか、海水浴場の外れとか、屋上で花火を見ながらとか……。つまり「ここでこんなことしちゃいけない」と思うところでセックスするのが、女性を感じさせるってことだ。これは男性もおおいに参考すべきことだと思うよ。
 そこでSМ作家の私がおすすめするのはSМプレイだ。SМの道具や設備が整ったラブホテルなんか、入っただけで非日常の世界がある。そこでふだんなら絶対に体験できないことをされる女性は、退屈な日常から開放されて、オルガスムスを味わえるようになる。信じて実践してみなさい。

|

自己流オナニーはイケナイ

 ぼくは小学校一年生の頃からフトンに下腹部を押しつけて快感を得ていた。ずうっと続けていたら、四年生の時にその方法で射精した。そうやって床やフトンにペニスを押しつけて楽しむオナニーを「床オナニー」略して「床オナ」と称する。
 のちに指を使う方法を知ってからは、床オナニーをしなくなったのだが、男子が成長し結婚する年齢になっても床オナを続けていると、女性の膣のなかに挿入しても射精できないようになる。
「いや、オレは手でしごいてイケるから大丈夫」と思ってる青少年も、いざ女性とセックスすると、なかなかイケない、どうしてもイケない、という事態に直面することが多く、最近、泌尿器科や産婦人科の医師たちから「膣内射精障害」の増加を心配する声が高まっている。膣に入れても射精できなければ妊娠させられない。いま進行中の少子化問題の原因の一つは、この膣内射精障害なのだ。
 ペニスは女性の膣のなかでピストン運動を行なうことによって、膣壁との摩擦で刺激を受け、快感が高まり、その結果として射精を引き起こす。
 ところが、床オナニーのように膣から得られる刺激とは無関係な刺激で快感を味わう「癖」がついてしまうと、ホンモノの膣に入れても快感を味わえなくなってしまう。たとえば「姉のパンティをこっそり穿いてみたら、肌触りがよくてすごく勃起してしまい、腰をもじもじしているうちに射精してしまった。それ以来、パンティを穿いて腰を振るだけの刺激で楽しむようになった。だからセックスしても中でイッたことがない」という男子の告白がある。確かにこれだと膣内射精は難しい。
 さらに危険な例として「扇風機オナニー」というやつがある。扇風機の軸にオナホールを取りつけ、それにペニスを突っ込んで回転させる——という方法だ。回転する膣などというのはあり得ないから、この方法で射精する癖がついてしまったら、女性の中では絶対にイケない。人間、いろいろ工夫する動物だけど、童貞の青少年たちはコンニャクかオナホールでとどめておいたほうがいいよ。

|

セックスを楽しめない日本人

 なんとも恐ろしい図表がある。ネットで『世界各国の性的満足度と回数』というキーワードで検索すると誰でも見られる。
 イギリスのコンドームメーカー『デュレックス』社が全世界2万9千人の男性にアンケートをとった結果が、縦軸に性的満足度(自分の性生活はハッピーである、と答えた人の比率)を、横軸に年間のセックス回数をとってグラフにしてある。
 もし性生活が充実してセックスも頻繁に行なっている人が多い国は、図の右上にスポットされる。逆に性生活が不幸でセックス回数も少ない国は左下にスポットされる。
 調査した世界41カ国の平均値は、満足度が44パーセント、回数は年に103回だという。グラフだとそのあたりを中心にして各国が散らばっている。ちなみに回数で一番多いのはギリシアで年に138回、満足度が一番高いのはベルギーの57パーセントだ。
 で、わが日本はどこにある、と目をこらしてみると、なんとグラフの一番左下に、ポツンと離れて寂しそうにしている。回数は45回で満足度は24パーセント。なんと回数では最下位、満足度はビリから二番め(ビリは中国の22パーセント)。
 つまり日本人は「セックスの回数は極端に低く、性生活の満足度もめちゃ低い」国民なのだ。このグラフを見れば誰だって「これはひどい」と慨嘆し「少子化になるのも無理はないなあ」と納得するだろう。
 データが作成されたのは2005年とやや古いが、現在でも同じか、もっと低い数字だろう。この表を教えてくれたベテランの風俗嬢も「お客を見ていれば、納得できるわねえ。日本人はやっぱりこんなもんよ」と評する。
 しかし、どうしてこんなに日本人はセックスの面で、世界から孤立してしまったのだろうか。宗教的戒律もなく、性表現の規制も格段に緩く、セックス産業は隆盛を極め、男女が自由に利用できるラブホテルがどこにでもあるのに、日本人はセックスを他の国の人たちより楽しめていない。不思議ではないか。
 で、グラフをよく見ると、性的満足度が極端に低い国は中国、日本、香港だということが分かる。ぼくなりに出した結論は「日本や中国は、かつての儒教的倫理がまだ強く残っていて、セックスを自由に楽しむのは罪悪だという観念が広く刷り込まれているのではないか」ということだ。だとしたら、日本が少子化を脱するためには、まずセックスについての罪悪感、嫌悪感を無くすことから始めなくてはいけないぞ。

|

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »