« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月29日 (日)

パンティコレクター最大の悩み

 SМ官能小説を書いていると、いつの間にかひと癖もふた癖もありそうな趣味嗜好の持ち主たちの知り合いが増える。
 Oさんもそんな一人で、小さいけれど特許で堅実に儲けている会社の社長さん。恰幅がよくスーツがびしっときまる英国ふう紳士なのだが、パンティを集めるという趣味がある。
 いや、別に盗んだり奪ったり、不法なことをして集めるわけではなく、あくまでもつきあったことのある(たとえ一夜だけの関係でも)女性の穿いていたパンティを、事後に手渡しで譲ってもらうのが楽しいのである。もちろん新品の高級なパンティとの交換であるから、イヤがる女性はいない。もらったOさんはそれをビニール袋に収めて、秘密の金庫に納め、時に取り出して、触ったり匂いを嗅ぎながら、過ぎし日に味わった快楽の余韻にひたるのである。
 まあ、フェチというほどのものでもない、罪の無い趣味である。しかし、青年時代から始めたので、そのコレクションはだんだん溜まってゆき、今では数百枚に達しているという。家族の目から隠すのが大変だと言っていた。
 ある日、Oさんに会って、コレクションの話を聞かされていたら、彼は突然、真剣な顔になって「きみ、ぼくのようなコレクターの最大の悩みは何だと思うかね?」と質問してきた。ぼくは首を捻って考えてみた。「増えすぎて保管場所に困るとか? あるいは匂いが消えてしまうとか?」
「そんなんじゃないんだ。パンティを長いこと保管していると、ゴムが劣化して伸びきってしまう。これが最大の問題なんだ!」
 なんだか地球環境の未来を危惧懸念するかのような真剣な表情で、テーブルをバンとたたくので、ぼくは驚いてしまったよ。確かにパンティのゴムは時間がたつと脆くなり伸縮性を失ない、最後は切れてしまう。ある日、昔つきあっていた女性の、思い出のパンティを取り出してみたOさんは、パンティのゴムがダメになり、全体がさばかれたイカみたいにダラリとなってしまったのを見て愕然としたという。やがては古いものから順にダメになってゆくのは明らかだ。
「初めて分かったんだけど、パンティが魅力的に見えるのはピチッしたゴムが引き締めているからなんだよなあ。ゴムがダメになったパンティはただの布切れでしかなくなるんだ。ああ悲しい、どうしたらいいんだ!?」
 誰かに頼んでゴムを入れ替えてもらえばいいんだけど、そんなことを頼めないしねえ。いや、なんかユルい話だったけどご勘弁を。

| | コメント (0)

元祖PLAYBOYはSМ嫌い

 ヒュー・ヘフナーが91歳で亡くなった。説明するまでもなく20世紀後半、一世を風靡したメンズマガジン『PLAYBOY』を創刊した男。ゴージャスなヌードグラビアは世界じゅうの男たちを鼻血ブー(古いね)にさせたものだ。若い人たちには「コスプレで見るバニーガールの制服を作った男」と思われているかな。
 なにせ最盛期は750万部を売ったほどの雑誌の発行人。大金持ちでハンサム。ロス郊外に作った「プレイボーイ・マンション」という豪華な館にはいつも美女がうじゃうじゃと居て、世界的なスターやセレブが招かれては乱痴気パーティに耽っていた。
『PLAYBOY』は現在も世界各国で海外版が刊行されているが、日本でも1975年に集英社が『日本版PLAYBOY』を発刊、創刊当時は90万部を売る人気雑誌になった。インターネットが無い時代、金髪ギャルのフルヌードは最強だった!
 何を隠そう、若き日のぼくは、その『日本版PLAYBOY』立ち上げからフリー編集者として関わっていたのだ。まだ陰毛の一本も写ってはいけないポルノ規制時代、アメリカの本誌から送ってくるヌード写真は無修正で、これは税関をフリーパスで通過できた。ぼくら編集者は当時は希有な金髪ヘアーヌードを毎日見られて、これは業界でも自慢できる特権だった。
 ところが編集者として眺めていると、実は本国版のヌードも記事も、非常に人畜無害、グッとくるものが無いんだね。しかもぼくの大好きなSМやフェチに関する話題はまったく扱われない。健全すぎるのだ。
 そこでぼくはグラビア担当なのをいいことに山口小夜子を口説いてランジェリーヌードを撮らせたり、自分好みの写真や記事を滑りこませるようになった。最後は調子に乗って緊縛師にヌードモデルを縛らせる「初めての緊縛」みたいな記事も載せた。
 ところがある日、編集長に呼ばれた。日本版をチェックしていたヒュー・ヘフナーが緊縛ヌードを見て激怒し「PLAYBOYは絶対にSМを認めない。今後はこんなものを載せるな」と警告してきたのだ。いや、こっぴどく叱られてしまったけど、考えてみれば伝説の男、ヒュー・ヘフナーに叱られたなんて、編集者の勲章みたいなものではないか。まあ、結局は日本版編集部を追い出されたんだけれども、今となってはいい思い出だ。ともあれヘフナーに合掌。

| | コメント (0)

エイズ、恐怖の時代

 ネットで「エイズ、ついに撲滅か」という記事が目についた。アメリカ国立衛生研究所がハーバード大学などと共同研究して新しいHIV抗体の開発に成功したと発表したのだ。エイズの原因となるウィルスの駆除、感染予防がサルを使った試験で駆除率99パーセントの効果を発揮することが確認されたという。人間に対する実験はこれからだが、もし成功すれば我々はようやくエイズの恐怖からのがれることが出来る。
 今でも三種類の抗体を組み合わせた薬で、患者は発症を遅らせたり防ぐことが出来るので、エイズはかつてのように致命的な恐ろしい病気ではなくなっている。そのせいもあってか、日本ではエイズ患者はなかなか減らない。あんまり安心させられても困るのだね。
 日本で初めてエイズ患者の死亡が確認されたのが1985年。その頃の日本人はエイズの恐怖で震えあがっていた。当時のことを知らない人も多いと思うので、どれだけ恐れられた病気だったか、ある知人のことを思い出したのでここに記しておこう。
 その男性は海岸の町に住んでいた。ぼくのSМ小説のファンだということで手紙をくれて、その嗜好や体験が興味深かったので実際に何度か会ったことがある。自分の妻が他人に犯されるのを見るのが好きだというので、3Pの取材もさせてもらった。ちょうどエイズの恐怖が広まった頃である。
 その彼がある日、電話で「どうも体調がおかしい。エイズにかかったようだ」と言ってきた。彼は女装した男性とセックスするのも好きで、仕事でアメリカに出張した時はかなり派手に遊びまくったらしい。赤の他人を巻き込んだセックスもハンパな数ではない。
「気のせいじゃないか。検査してもらいなよ」と言うと「もしエイズだと分かったら生きてられない。怖くて検査を受けられない」と答えた。当時はホントに「死の病と思われていたからね、そういう人が多かった。
 やがてまた電話があった。「検査を受けてきた」と言う。「結果を聞く前は、もう覚悟していて、自分の車を病院の前で停めて、エンジンはかけっぱなしにしておいた。陽性だと言われたら、その車ごと海に飛び込んで自殺するつもりだった」
 ぼくは安心した。ということは陰性だったわけだ。「よかったね」と言ってやると「もう赤の他人をまきこんだセックスはしない」としみじみと告げてきた。それぐらい恐れられた時代だったのだ。彼はいまどうしているかなあ。

| | コメント (0)

「ジン」を呑まされた子供

 これまではハイボール一辺倒だったのが、最近はどういうわけかジンフィズにこっている。ジンはウィスキーのようにやたら高いものではなくても旨い。貧乏人には嬉しい酒だ。そもそもジンは安酒の代表的なもので、十九世紀末のイギリスはジンによるアルコール依存症患者が溢れていたという。
 そんな時代に出来たのだろうか、イギリスの成語に『子供にジンを飲ませるな』というのがある。子供に性行為を見せるな、という意味である。大人のセックスは、子供にとってジンのように刺激が強すぎる、という意味だろう。ジンフィズのグラスを傾けていると、どうしてもこのことわざを思い出してしまう。
 ところで、去年亡くなったロックスター、デビッド・ボウイが異星人を演じた映画『地球に落ちてきた男』(1976年)をご存知だろうか。この時の衣装をデザインしたのがオラ・ハドソンというアフリカ系の美人ファッションデザイナー。ロック・スターのコンサート衣装を担当していた縁で起用されたのだろう(ちなみにボウイは、男女いろいろな相手と浮き名を流しているが、どうもアフリカ系の女性が好きだったようだ)。
 このオラ・ハドソンの息子というのが、アメリカの人気ロックバンド『ガンズ・アンド・ローゼズ』のギタリストであるスラッシュ。
 そのスラッシュがラジオの番組に出演した時、とんでもない体験を告白し、話題になった。
 彼が小学校時代のこと、家に帰ったら、ベッドの上で裸のママがデヴィッド・ボウイと抱きあっていたのをバッチリ目撃してしまったというのだね。母親のセックスの相手がボウイだったのを見て、スラッシュは「ジンを飲まされた」わけだ。きついの2杯ぐらいということになるか。
 以上は町山智浩氏の『言霊USA トランプがローリング・ストーンズでやってきた』(文藝春秋)に書いてあることだ。オラ・ハドソンもすでに亡くなっていて、ラジオでうっかりこの話を洩らして「炎上」させてしまったスラッシュは「安らかに眠っている母に申し訳ない」と反省している。
 調べると、この事件はスラッシュ8歳の時。オラ・ハドソンは彼が11歳の時に離婚しているから、不倫行為だったことになる。
 しかし、母親の浮気相手が当時すでに大スターだったデビッド・ボウイなんだからね、スラッシュにとってはちょっと自慢したいことだったのかも。

| | コメント (0)

女の食欲に萌える男

 涼しくなって夏の疲れがとれてくると、世の中「食欲の秋」ということになって、テレビも雑誌もネットのコンテンツも「食べる」テーマが満載になる。
 どういうものか、紹介される食べ物の食べ手は女性が多い。若い女性が「おいしい、おいしい」と言いながら食べるのを見てるほうが、オヤジよりも効果があるからだろう。ぼくだってオヤジが食ってるのより若い女性のほうがいい。
 そういう時に思い出すのが、ぼくの友人のNという人物だ。彼はフェチというほどのものではないが「女性が何かを食べている」という姿に欲情する、ちょっと変わった趣味の持ち主だった。だからテレビで女性がものを食べているシーンが写ると「ああ、Nならここで興奮するんだろうな」と、イヤでも思い出してしまう。困ったものである。
 まあ、モノを食べる行為とセックスには、多くの共通点があって、食欲と性欲は強く結びついている。女性が食べ物を口に入れている姿に性欲を刺激されるのは、男としてふつうのことで、多くの文学作品や映画などに、多く描かれている。だからNのような男は特に変態というわけではない。それでも「変わったやつだなあ」といつも感心していた。
 Nの場合、早食い競争のように、ガツガツと胃袋に押し込むような姿はダメで、一見、お淑やかなお嬢さまのような若い女性が、食べ物をうまそうに味わいながら、ごく自然に皿を空にしてゆく姿に萌えてしまうんだそうだ。だから機会があれば、若い女性を誘ってはうまいものを食わせる店に連れてゆく。自分は酒を飲みながら、連れの女性がパクパク食べる姿を眺めるのがたまらないという。彼の愛人たちは、みな、そういうデートでの食べっぷりが認められて口説かれた女たちだ。
スタイルを気にしてダイエットをし、デートでもサラダしか食べない、なんて女を誘ってしまった時は、ものすごく腹を立てる。
 Nに言わせると、そういう趣味を満足させてくれる女というのは、いそうでいないらしい。好き嫌いが激しく、マナーが悪く、食べかたが汚いという女が多いんだそうだ。まあ男だってそうだけれどね。
 しかし、彼好みの食べっぷりのいい女性を見つけてモノにしても、なかなか長続きしない。「食べさせてるうちにぶくぶく太ってしまうんだよ」。彼はよく食べる女は好きだけれど、肥満体の女は嫌いなのだ。食べても太らない体質の女って、なかなかいないからねえ。難しいところである。

| | コメント (0)

鈍感すぎる男たち

 政治家から芸能人まで、何かと不倫の関係が騒がれているが、ある調査によれば、男が不倫すると95パーセントはバレるのに、女の場合は5パーセントしかバレないらしい。
どれぐらい正確な調査か分からないが、まあ男のほうがバレやすいのは確かだろう。
 なぜ男のほうがバレるかというと、それは「女より鈍感だから」と言うしかない。ぼくが聞いたバーのママさんは「亭主のクルマに私のじゃない香水の匂いがプンプンしていたから、すぐにピンときた」と言っていた。
 男のそういった鈍感なところをいろいろ考えていたら、以前、取材した女性の体験談を思いだした。
 当時、女子大生だった彼女は、自分の肉体の異常に悩んでいた。鎖陰といって処女膜が異常に厚く硬いので、男性とセックスしても挿入できないのだ。苦痛も強いので、みんな途中で諦める。しかし本人は性欲はふつうにあるので、セックスはしたい。
 それを知って、名のあるAV男優を初め、自分のペニスとテクニックに自信のある男たちが「おれならちゃんと女にしてやる」と言い寄ってきたのだが、結局、一人も挿入できなかった。
 これは手術で処女膜を切開すれば解決するのだが、彼女は「できればふつうのセックスで女になりたい」と願望していた。
 その彼女に目をつけたAV監督がいて「鎖陰の女」とかいうタイトルで、彼女を主演させたアダルトビデオまで作られた。監督としては、それだけ強い処女膜が撮影ちゅうに破られるシーンを撮りたかったのだろうが、結局、失敗に終わった。まあ作品のなかでは成功したように見せかけていたようだったが。
 ぼくが彼女と会ったのは、その作品が発表されてからのことだったが、その時でも確かに彼女は処女のままであった。ただし刺激すると愛液はたっぷり出てくる。クリトリスで快感を味わい、絶頂に達する。その上、マゾ性も強く、非常に魅力的な女子大生であった。
 その取材の時、彼女は笑いながら言った。「いま付き合っているカレがいて、口と手で満足させてあげてる関係だけど、ある日、私が出演したビデオを持ってきて見せたの。私は心臓が止まるかと思ったけれど、カレ、「世のなかにはお前と同じ悩みの女がいて、こういうふうにして解決している。おまえも冒険してみたらどうだ」と言うよの。だって、そこに写ってるのは私なのに、カレ、全然気がつかないでいるの」
 こんなものすごい鈍感男と付き合っていた彼女、その後、無事「女」になれただろうか。

| | コメント (0)

男女の相性はDNAで分かる?

 ものすごい大恋愛の末に結婚したカップルが、一年もしないうちに離婚してしまった、という例は珍しくない。逆に「あの二人、あんなにケンカばかりしてるから、すぐに分かれるに違いない」と思ってると、これがいつまでもくっついて離れない、という例もある。
 結婚生活がうまくゆくか行かないかは結局、「相性」の良し悪しだろう。しかし、こいつばかりは、少し交際しただけでは分からない。といって、それを確認するには何年必要かということも分からない。なん十年と一緒だった夫婦が老齢になって離婚する例もあるからね。
 だから、これから結婚しようとする男女にとっては「私たちの相性はどれぐらい良いのか悪いのか」という見極めがすごく重要になってくる。結婚相談所もコンピューターを駆使して双方の性格を診断し相性の良し悪しを判断してくれるところが多い。しかしまあ、いくらコンピューターを使って計算しても、相性なんてものが数値的にハッキリ示されるとは思えない。占いと似たりよったりのものでしかない気がする。
 しかし、そこにいきなり「相性をDNAで調べます」という結婚相談所が現われた。DNAというのは、遺伝子の核となる部分。先祖から受け継いだ遺伝子情報が書き込まれている、いわばその人の設計図。それが人間の細胞ひとつひとつにしまいこまれている。DNAを調べるのは、口の内側を綿棒で拭い、それを研究所に送るだけでいい。
 今回「DNAで婚活を」と謳う結婚相談所は、ヒトの遺伝子のなかに含まれているLHA遺伝子を調べるのだという。LHA遺伝子については、以前にもこのコラムで「なぜ父親は娘に嫌われるか」というテーマで書いたことがある。白血球の型の違いを作るのがLHA遺伝子なのだが、うんと簡単に言うと「この型の違いが大きいほうが相性がいい」ということになる。家族は遺伝的に型が近い。体臭も同じようになる。そうすると家族同士は相手に性的魅力を感じなくなる。つまり近親相姦をしにくくする遺伝子と言えなくもない。
 分かりやすく「恋愛遺伝子」とも呼ばれるLHA遺伝子を調べることで「男女の相性がどの程度か判別できる」と、この結婚相談所は自信まんまんだ。統計をとると、確かに年をとっても仲がいい夫婦は型の違いが大きいんだそうだ。うーむ、科学の進歩はここまできたかと思うが、恋愛や結婚はハプニングの連続。ある程度、先のことが分かってしまっては、面白くないんじゃないかねえ。

| | コメント (0)

耳たぶは噛まれるためにある?

 あるベテランの私立探偵が、自分のメールマガジンの中で職業上のテクニックをいろいろ教えてくれていた。その中で「へえ」と思ったのは「調査対象である本人を特定するには耳の形——特に耳たぶの形を覚えておくといい」というのがあった。
 特徴の似た人間がいて、うっかりすると本人と間違えて、そっちを尾行してしまう、というミスをやりかねない。そこであらかじめ調査対象者の耳たぶの形を覚えておくと、とっさの判断に大きく役立つというのだね。なるほど、探偵ならではの経験に裏付けられたテクニックだ。
 では、このテクニックを、たとえば迷い猫や迷い犬を探す動物探偵は応用できるだろうか。それはできないね。なぜなら犬も猫も、みんな同じ形で、しかも耳たぶがない。同じ酒類の猫を耳で見分けるのは至難の技ということになる。
 もうお分かりだろうが、今や男の子もイヤリングをたらしている耳たぶというのは、他の動物には無いのである。人間に近いサルやゴリラなどを見ても、耳たぶはない。哺乳類動物のなかで、なんと耳たぶをもつのは人間だけなんである。
 ——という話を動物作家の戸川幸夫さんが『ヒトはなぜ助平になったか』(講談社、1985)という書に書いていた。これはちょっとした発見である。なぜ人間だけが、耳の下のほうに、指でつまむのにちょうどいいぐらいのたぷたぷした肉がついているんだろうか。まさかイヤグリングをつけやすくするためではないだろう。
 戸川さんは動物学者ではないけれど、作品のために動物のことをずいぶん研究した人だ。いろいろ考えた末こう書いている。
《人間は直立歩行するようになったために、生殖器の位置が前へと移っていった。そのために性行為の体位も変化し、いわゆる「正常位」をとるようになった。この姿勢は顔と顔を向かい合わせることになるから、接吻が発達し耳たぶへの愛噛(あいこう)となった、と私はみている》
 なるほどね、動物はもっぱら後背位でセックスしていた。ヒトは向かい合って正常位でセックスするようになると、口や歯を使って相手の顔を舐めたり吸ったり、傷つけない程度に噛んだりするようになった。そのおかげで耳たぶが発達した、というんだね。仮説だけど信じられそう。ところでキミは、セックスの時ちゃんと相手の耳たぶを噛んでやってるかい?

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »