« ある痴漢氏の思い出(続) | トップページ | 「巨乳の誕生」は勉強になるぞ »

2017年12月24日 (日)

自撮りヌードの暴走女子

「今ごろ、何を言ってるんだ?」とバカにされそうだけど、先日、自撮りブームが女の子の世界でどれだけ流行してるかを知って、腰を抜かしそうになったよ。
「自撮り」は、言うまでも自分の姿を自分のカメラで撮影すること。スマホだと手を伸ばせば自分と周囲を写せる。自動シャッターだとか、誰かに頼むという必要がない。写した自分の姿はすぐにネットにアップすれば、友人や知りあいに見てもらえる。
 その便利さから生まれてきたのが「自撮りアイドル」という女子たち。ツイッターやインスタグラムといった、画像や動画を投稿できるSNSにアップしてフォロアー(まあファンということだね)を増やし、SNSのなかでアイドルになってしまう子が増えてきた。
 ぼくは自撮り女子にあまり注目していなかったのだけれど、ネットで人気が出てきた子が某男性週刊誌の表紙にまでなったことで、ようやく「これは知らないところで大変なことが起きてる」と思うようになった。何せ、その子が実に迫力のあるお尻の持ち主だったもので。(笑)
 そこでネット上で自撮りを集めたサイトを見てみたら、当然のことながら、自分のヌードを撮っている女子が大勢いるではないか!
 まあセルフヌードというジャンルはデジタル以前の写真界(古いね)にも存在したのだけれど、やる女子は少なかった。現像とか引き延ばしとか面倒で、それをどこに発表するかが難しかった。
 ところがスマホ自撮りは何の面倒もなく、自分のヌードを撮って、ネット上のSNSですぐに発表できる。だから自撮りヌードのジャンルはもうすごいことになってる。若い女の子がフルヌードになって、鏡を使ったりして自分の体のあらゆるところが見えるポーズをどんどん発表しているのだ。もちろんオナニーしてる姿だっていっぱいある。
 おじさんに分からないのは、顔を隠さない子が大半だということ。平気で素顔をさらして下半身もさらしている。誰か知りあいに見られたらどうするんだ、怖くないのか、と思う。それほど無警戒な子が多い。
 しかしそういう自撮りヌードはたいてい彼女たちの部屋の中で撮るから、背景に生活感が写し出されてる。おじさんはもう若い子の部屋なんか入ることがないから、そういうのが見られることも楽しくて、ついつい、自撮りヌードのサイトを眺めては夜の更けるのを忘れてしまう。いやあ、すごい時代になっちゃったね。
 

|

« ある痴漢氏の思い出(続) | トップページ | 「巨乳の誕生」は勉強になるぞ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。