« 月に21回の射精が…… | トップページ | 男子がオナニーを見られたら »

2018年4月 1日 (日)

黒い下着はセクシーか

 男性にとって、女性の下着というのは、ずっと「関心はあれど関与せず」というモノだった。つまり自分が選んで自分が買って与えるようなモノではなかった。だいいち、男が女性下着の店や売り場に足を踏み入れるなんて、なかなか出来ないことだからねえ。ぼくなんか知りあいの女性に「ランジェリーをプレゼントしてあげる」なんて言ったばっかりに「それなら選んで」と言われてランジェリーショップに連れて行かれた時は、もう、生きた心地がしなかったよ。
「彼女にパンティをプレゼントしたいな」と思っても、なかなか買えない時代は今や過去のもの、いまはネット通販が普及しているから、ウエブサイトでカタログを見、クリックするだけでお気に入りのものが手に入る。だから「ホワイトディのお返しに下着をプレゼントしようか」などと考える男子も少なくなくなった。
 ぼく自身の経験からいえば、女性に下着を贈るのは、すでに親密な関係、ラブラブな関係にある場合に限って有効である(もちろん恋人や妻にはOK)。まだそこまでの関係でないのに、いきなりパンティを贈ったりしたら「なに考えてるのこの人」と思われて、引かれる可能性が高い。そこらへんよく考えてから実行するように。
 まあ「この子なら贈っても大丈夫だろう」と考えて、いざどんなものを選ぶかという時、「セクシーだから」と黒い下着を選びたがるかもしれない。いや、このぼくでもやはり黒い下着を選びたくなる。
 ところが最近、あるランジェリーアドバイザーのウエブで「女性は黒い下着は避けるべき」と書かれているのを見て驚いた。
「セクシーなランジェリーは女性を開花させる」と言う彼女によれば「お色気というぐらいで、女性のセクシーさは色のオーラに由来する。黒はそれを封じてしまう」というのだ。では「黒はセクシー」という誤解はどこで生まれるのか。「それは黒い下着を着けても色気が溢れてしょうがない女性、エロスたっぷりの女性が着けたのを見て興奮したからです」
 なるほど、あまり肉感的でない女性が黒い下着を着けてもセクシーさは感じられない。まず豊満な肉体、そして白いなめらかな肌の持ち主。そういう女性なら黒い下着も映えるだろう。そういう目でランジェリーの色を考えてみるべきなんだろうね。だから、どんな女性にも似合う下着の色はピンクなんだそうだ。ちなみにぼくは、黒でも肌が透けて見えるような薄いものやレースでないと、興奮しない。自分的には欠かせない要素だ。

|

« 月に21回の射精が…… | トップページ | 男子がオナニーを見られたら »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。