« 痴漢スイッチを入れるな! | トップページ

2018年4月 1日 (日)

性の好みは14歳で決まる!?

 ネットで見つけた情報のなかに「人間の音楽の好みは14歳の時に聴いていた音楽によって決定づけられる」というのがあった。その理屈は定かではないが、好奇心が強まり、積極的に情報を求め、それを脳のなかで処理する力も強まってくる多感な時期だけに、14歳前後に吸収した音楽が人の趣味嗜好を決定づけるという説には納得できるものがある。
 ぼくの場合、14歳つまり中学生の頃に熱中したのは三橋美智也なんだねえ。今でもほとんどの歌は歌える。そのあとにポップスやジャズやロックなどもずいぶん熱中して聴くようになったけれども、やはり好きな音楽の根っ子を探ってゆくと三橋美智也に行きつくんだね(なんだ演歌か、とバカにしてはいけないよ。大瀧詠一は日本のフォークの原点、ひいてはジャパンポップスのルーツは三橋美智也にあるんだと言っている)。
 そこで思ったのは「じゃあセックスの好みも、14歳ごろに触れたもので決まってしまうんじゃないか」ということ。多感なうえ、性欲が強まる。その時に強い刺激を受けたものがのちのちまで影響すると考えるのは当然なことだ。
 で、また14歳のぼくの頃、夢中にさせた性的な事柄はなんだと言うと、江戸川乱歩のエロティックな小説世界だったと思い当たる。
「少年探偵団」とか「怪人二十面相」などの子供向け作品は小学校から読んできたが、中学生の頃は「人間椅子」「淫獣」「屋根裏の散歩者」などの大人向け作品を読み始めていた。父親がどうも乱歩を好んだようで、猟奇趣味が溢れている彼の本が本棚に無造作に置かれていたのが災いのもとというか幸いのもとだったというべきか。それらの作品群から、オナニーに夢中の中学生は思いっきりサディズムやマゾヒズム、フェティシズム、女装などの世界に惹きつけられてしまった。
 結局、のちにSМ文学に魅せられ、SМ的な行為が大好きになって、遂にはSМ作家としてデビューしてしまったぼくの原点は、やはり14歳の時に接して、やたらぼくを昂奮させてくれた乱歩文学にあったのだねえ。
 だから、人の親となれば、自分の子供が14歳あたりになったら、どんな性的情報を好んでいるのか、ちょっと気にしてみるべきだということになる。しかし、今や少年少女の周りにはいたるところ、性的情報は溢れ返っているからねえ、どんな情報に接して、どんなジャンルにのめりこむかなんて、親でも分からないだろうね。

|

« 痴漢スイッチを入れるな! | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。