« セクハラはやめられるか | トップページ

2018年5月13日 (日)

オランダ人のセックス感は驚異だ

 何週か前のこの欄で「性教育にAVを使う国」と題して、デンマークの性教育のことを書いた。デンマークなど北欧諸国は、セックスについては非常に寛容で自由な考え方をする国々として知られているが、実は世界で一番、セックスに対して規制の少ない国はオランダである。
『飾り窓の女』で知られるオランダの売春は、一応の規制はあったものの、ずっと黙認されてきた。それが2000年には完全合法化されて、売春婦は自営業として公認された。今では16歳になれば誰でも売春婦として稼ぐことが出来る。
 まだ世界的には「売春は非道徳的な行為である。倫理的に認められない」と考える国が多数なのに、オランダは「売春したい人の権利を制限するのは違法である」と考えるのである。発想の仕方が反対なんである。その根本には「売春というものは法律で規制しても無くならない。人間には必要なものなのだ」という思想がある。日本人は思っても絶対言わないことを平気でやってのける国民なんだろうね。だから同性婚などLGBTの問題も世界で真っ先に解決している。
 まあ、最近は各国もどんどん自由で寛容な考えかたをするようになったから、売春合法化ぐらいでは驚かなくなったけれど、実はどんな進歩的な人間も腰が抜けてしまうようなシステムをオランダは採用しているのだね。
 三年前のことだが、オランダの法務大臣と運輸大臣は「運転免許をとるための教習料をセックスで代替することは違法ではない」と声明したのである。どういうことかというと、オランダの運転教習は教習所に通うのではなく、個人的に営業している教習員を選ぶようになっている。その際、教習員と話し合いで、セックスの相手をすることでお金を払わず、教習を受けて免許がとれる——というのだ。たぶんそうしていた教習員が訴えられたりしたのだろうが、オランダ政府は「それは売春ではない。合法だ」と言ってのけたのだ(ただし、生徒の側から申し出ることはできないらしい)。
 いや、このことが報じられた時は「ホントかよ」と思ったね。こんな制度を認めたら、次にいろんなビジネスで同じことが起きる。それで社会が成り立つのかと心配になる。まず「美人だけが優遇されるなんて許せない」という声があがりそうだ。しかし、オランダ国民は案外、平然として受け入れてるようだ。
「セックスはお金に換算できる。それは必ずしも売春ではない」と考える国があるというのは、うーむ、かなり考えさせられることではないか。
(この記事は九州スポーツ5/3付の号にのみ掲載されました)

|

« セクハラはやめられるか | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。