« オランダ人のセックス感は驚異だ | トップページ | 小児性愛と薬物去勢 »

2018年6月22日 (金)

「女たらし」に彼女をとられる!?

 ふと、「ウーマナイザー」という文字が目に飛びこんできて「おやおや」と思った。ネット上のセックス情報ブログでのこと。
 womanizerと表記する。日本ではあまり見聞きしない単語で、意味は「女たらし」。ある時、英会話教室で教えていた青い目の女性教師が教えてくれた。女の尻を追いかけてモノにする男。
 ブログの記事によれば「ウーマナイザー」というのはドイツで開発された女性のためのアダルトグッズで、一昨年あたりから販売され、今や日本女性の間で売れに売れている人気商品らしい。
「なるほど、『女たらし』かあ。ネーミングとしてはいいセンスじゃないか」と思って読んでいったら、うーん、知らなかった、これは男性が考えるようなバイブじゃないんだね。
 男はどうしても「ペニスの代用」という意識があるから、バイブというとペニスのような棒状のものを連想する。この「ウーマナイザー」はもっぱら女性のクリトリスを刺激するためのツールだ。「それなら電マという強力なやつがあるじゃないか」と思うだろうけど、あれは振動だけでクリトリスを刺激する。この「ウーマナイザー」は、クリトリス吸引式という新しいタイプのもので、クリちゃんにかぶせるとチュウチュウと吸ってくれるのである。つまり男性が女性のクリトリスを舌や口で刺激するように、クンニを代行してくれるツールなんである。
 単に突っ込むだけしか考えていなかったバイブ業界に登場した「ウーマナイザー」は、当初、2万円以上したが、売れるに従って安くなり、さらに「サテスファイアー」(イカセ野郎とでも言うか)などの競合商品の参入で、より高性能になってきた。
 感心するのは、そのデザインセンスのよさ。誰かに見られても「毛穴クリーナーよ」と言えば納得させられてしまうスッキリした形。女性の感性に合わせて作られているのが好ましい。今ではクリトリスだけでなく、女性器全体にかぶせるようにして吸引し、それこそ本当にクンニされているような感覚を与えるツールも出てきた。
 愛用している女性のなかで「彼氏があまりクンニしてくれないので、欲求不満を満たすために購入した。効果バツグン。彼氏いらないぐらい」と発言している子までいた。
 女性用オナニーグッズなんて男はあまり気にしていなかったけれど、こういう画期的な製品が登場すると「クンニしてくれない男はポイッ」ってことになるかも。負けるな男子。
Womanizer

|

« オランダ人のセックス感は驚異だ | トップページ | 小児性愛と薬物去勢 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。