« 理解できない男女の好み | トップページ | 昭和のエロはスリップだ! »

2018年6月22日 (金)

二度と見られぬ昭和のエロ

Akai_garter001rt
 来年で「平成」が終わる。そうなると「昭和」という時代はますます遠くなる。なにせ一番最新?で30年前、最古だと96年も前のことになるからねえ。
 ネット上では、そういう「昭和」という時代を思い出しては懐かしがるサイトやグループが多い。それらを見てると、人それぞれに「昭和」を感じるモノがある。エロの方面でいえば、たとえばちょうちんブルマ。これに感じた人は東京オリンピックで優勝した「東洋の魔女」たちをテレビで見た世代と分かる。あの頃を最後にちょうちんブルマは姿を消し、ピッチリしたショーツ型のブルマになった。ちょうちんブルマはもう二度と見られないだけに、マニアたちが話し出すと熱が入る。ぼくなんかはちょっとついてゆけないけどね。
 では「おまえの感じる昭和のエロは何だ」と問われたら、待ってましたとばかり答えよう。「女子高生の赤いガーターだ」と。
 ガーターというのは太腿までのストッキングの上端にはめてズリ落ちないようにしたゴムの輪っかのことである。今でも無いことはない。フリルやレースがついてセクシーなものが多い。ぼくが高校時代、昭和も半ば過ぎの頃までは、セーラー服の女子高生は黒いストッキングをはき、腿を質素なゴム編みのガーターで留めていたのである。
 高校二年生の頃だったかな、たまたま土手のようなところに腰を下ろしていた女子高生のスカートを下からモロに見上げるチャンスがあった。その時、目に飛び込んできたのは白いパンティと白い太腿と黒いストッキングと、今でいう絶対領域の一番下に食い込んでいる真っ赤なガーターだった。
 いやあ性欲ざかりだけどまだウブな高校生にとっては、頭を殴られたようなショックだったねえ。真っ白な太腿と黒いストッキングの間を分ける赤いガーター。パンティよりも赤いガーターの方が衝撃的だった。
 それから数年後、パンティストッキングが普及し、誰もガーターなんかしなくなった。しかしあの光景を忘れられないぼくは、真っ赤なガーターを買って、機会あるごと女性に着けてもらい、視覚的悦楽を味わっていた。
 だが悲しいことに、ある日、取り出してみると、ゴムが朽ちてボロボロになってもう使えなくなっていた。質素な女子高生の使うようなガーターはどこにも売っていない。かくて「女子高生の赤いガーター」は、二度と見られぬぼくの昭和の思い出となってしまったのである……。
(参考写真は、『めばえ〜セーラー服写真集』(グリーン企画刊、編集レイアウト末井昭)より。発行は1990年代初頭と思われる)

|

« 理解できない男女の好み | トップページ | 昭和のエロはスリップだ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。