« プールとおしっこの大問題 | トップページ

2018年7月16日 (月)

消えたネグリジェ

「昭和の消えたエロ」を語るシリーズ。この前はスリップについて書いたら、SNSの友人やら知り合いから、いろいろな反応を受けとった。「人生60年を過ぎて、ようやくスリップとシュミーズの違いが分かった」というおっさんがいたりして(笑)。
 その中に「そういえば、ネグリジェというのも最近、見かけないねえ」という声が。知らない人はいないと思うが、スケスケのナイロン製ヒラヒラつき洋風長寝巻といえばよいか。昭和の中ごろは、新婚妻の必需品だったのではないか。セクシーなグラビアにも、ネグリジェをまとった妖艶な美女がよく登場したものだけれど、確かに今はまったく見ない。試しに周囲の女性に質問してみたら、持っているものは一人としていなかった。
 それ以前はパジャマか浴衣(ゆかた)ぐらいだったのに、どういうわけか突然にネグリジェが流行し、日本じゅうの女性が着るようになった。ぼくの場合、一番上の兄貴が結婚して夫婦で実家に帰ってきた時、その新妻さんが薄いピンクのネグリジェ姿で茶の間にやってきて、家族一同、気絶するぐらいびっくりしたのが最初の出会いかなあ。確か、昭和の30年代半ばの頃だった。
 そのあと社会人になって、キャバレーとかサロンとか出入りするようになると、ネグリジェ歌手というのがいた記憶にある。何てことはない、ただスケスケのネグリジェを着て歌うだけなんだけど、それで少しかギャラが高かったのかしら。歌が下手でも、まあ注目される度合いは高かったからね。
 今どきの女性たちは「ベッドの中であんなゾロゾロしたものを着てられないわ」と言うけれど、外国映画を見てると、淑女はやっぱりセクシーなネグリジェを着て寝ている。日本ではどうしてあっさり消えてしまったのだろうか、謎だ。
 いや、ぼくも実はネグリジェにはあまり思い入れはないんだけど、ベビードールまで消えてしまったほうが寂しいね。袖なしのネグリジェをパンティが見えるぐらい短くしてフリフリのついたスケスケのやつね。これは『ベビードール』というタイトルの洋画がヒットしたせいで、やはり一時的に大流行した寝巻である。一時はピンサロのホステスさんの制服のようなものだったけれど、ストリップ劇場のベットショー(劇場用語で、ベッドショーとは言わない)では踊り子さんが必ずこれを着て登場しエロな姿態を見せてくれた。その時のドキドキ感が忘れられない。ベビードールは復活して欲しいなあ。
(参考写真は、ココログブログ『昭和スポット巡り』から引用。昭和時代、北池袋のキャバレーで踊るネグリジェホステスさん)
Photo
 

|

« プールとおしっこの大問題 | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。