« 2018年7月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年9月 8日 (土)

下着屋ショーウィンドウの妄想

 仕事ひと筋に生きてきた男も、ある年齢にさしかかると「機会があれば、少し別のこともしてみたい」と思うようになる。ぼくなんか少し前まで「場末に小さなバーを開いて、バーテンダーをやってみたい」なんて思っていた。
 しかし、客商売というのはなかなか難しい。人付き合いの苦手なぼくには無理だろう。ということで最近は「資金があれば(もちろん無い)ランジェリーショップ、つまり女性の下着屋をやってみたいなあ」と思っている。
「ははあ、変態のお前のことだから試着室に盗撮カメラを設置して覗き見を楽しむ気だな」なんて言われそうだな。違うぞ、そんな当たり前の動機で下着屋をやろうというのではないのだ。同じ変態でも、もっと高級な理由があるのだ。
 目的はショーウィンドウである。下着屋にはショーウィンドウが欠かせない。カラフルでセクシーなデザインのランジェリーを、マネキン人形に着せて陳列しておく。ぼくがやる下着屋もその点は変わらない。
 しかし、このショーウィンドウに飾られたマネキン人形は、深夜になると入れ替えられる。ここがすごい(自分で自慢している)。 なんと生身のホンモノのピチピチの若い娘が、セクシーでエロで官能的で扇情的でスケスケで娼婦的なランジェリー姿でショーウィンドウの中でじっとして動かず、立ったり寝そべったりしているのだ! どーだ、すごいだろ。
 宣伝はいっさいしない。それを知ってる者はオーナーであるぼくと、生マネキンをやる女性(雇うか志願者を募るかして集める)だけ。つまりそれで店の宣伝をする気はないんである。
「なんでそんなことをするんだ?」と思うだろうが、そこがぼくの変態趣味が高級(?)なところなんだね。たいていの通行人は、ショーウィンドウの中に飾られているのは生命を持たない人形だという固定観念がある。だからチラと見て通り過ぎるだけ。だが、真夜中、人通りの少ない下着屋のショーウィンドウの中にいるのは、実際に生きて息をしている女性なんである。誰がそれに気がつくだろうか。それを実験してみたいのである。
「それのどこが面白いの?」と思うかもしれないけど、ぼくは前にも書いたように箱に詰められたりロッカーに押し込められた女性に萌える趣味がある。ショーウィンドウに閉じ込められたあられもない下着姿の女性を通りすがりの誰かに見せつける。こんな高級な趣味が他にあるだろうか。……まあ真夏の夜の夢ではあるがね。
Photo_2
(参考画像はブログ『絵入り随筆』から転載しました。https://blog.goo.ne.jp/yuuyuutakemura/e/4390a14c49d87f51bd55d1d7efac2b9c

| | コメント (0)

一度だけのドライ絶頂体験

 先週、この欄で「催眠オナニー」のことを書いた。セクシーな女性の声で催眠状態に導かれて、体のどこも刺激されないのに勃起して、最後は射精してしまうという体験が味わえる、夢のようなオナニー術だ。
 と、ここで「夢のような」と書いたけれど、催眠オナニーで連れてゆかれる世界は、まさに男の子の夢精の世界だ。夢精もまた、意識的に自分で刺激しなくても快感を味わって射精する。催眠オナニーはその原理を利用していると言ってもいい。
 しかし、なぜ刺激されなくても射精までしてしまうのだろうか。まあ根本は溜まりすぎた精液を自動的に放出するメカニズムなんだろうが、淫夢——誰かとセックスしている夢を見るだけで射精できるというのは、脳の働きだけで肉体的な快感を得られるということの証拠だと思う。
 そこで思い出した自分の体験がある。ぼくは溜まりすぎる前に自分で出してしまう性分なので、夢精でパンツを汚したことは一度もない。それでも女性とセックスしている夢はよく見る。快感も味わっている。
 あれはまだ三十代だったろうか。ようやく「中折れ」を体験するようになった頃、ある夜、女優の○坂○子とセックスしている夢を見た。実際なら絶対にそんな有名女優にお相手してもらえる機会などありえない。でも夢の中では別に不思議でもなく感激もなく、淡々と行為を続けているのである。どうして夢の中ではとんでもないことが起きてもあまり驚かないんだろうねえ、そこが夢の謎だ。
 それはともかく、ぼくはせっせと○坂○子にピストン運動をしていて、なかなかイケなかったのがようやく絶頂に達し、彼女の中にドピュッと射精してしまった。いや、その時の気持よかったこと! ふつうのセックスの時より何倍もよかったね。
 その直後に目が醒めて、すぐに「いかん、射精でパンツ汚れた!」と思い慌てて跳ね起きてしまった。しかし、驚いたことにパンツは何ともなかった。あれだけの快感を得ながらぼくは射精しなかったのである。完全なドライオルガスムスだったのである。
その後、二度とそういう体験は得られていないが、以来、ドライオルガスムスはたぶん誰でも可能だと思うようになった。

| | コメント (0)

挑戦してみる? 催眠オナニー

 今、ネットの世界で「催眠オナニー術」というのが人気だと知った。この術を極めると手も道具も使わず、射精なしでオルガスムスを得られるドライオルガスムスに達することが出来るという。これぞ究極のオナニー術ではないか。
 調べてみると、音声による催眠オナニーは、数年前、コミケなどに集まる同人誌界で発表された技法らしい。ネットからダウンロードできる音声ソフトを用いて行なうのが一般的。利用するにはイヤフォンやヘッドフォンが使えるパソコンかスマホが必要だ。
 原理は簡単だ。暗くして静かな環境で音声ソフトを再生してゆくと、女性が愛らしいセクシーな声で耳元で「リラックスしなさい」と囁きかけて、聴く者を催眠状態に導いてゆく。うまくかかってしまうと、耳に息が吹きかけられる感触、舌であちこち舐められる感触が味わえ、ペニスは勃起してくる。さらには手や指で愛撫される感触を味わっているうち、実際には刺激されていないのに快感が高まり、射精してしまう。まあ夢精に近い状態に導かれてしまうのが催眠オナニー。それだけは単純な仕組みだ。
 ところが今の催眠オナニーの世界は、ものすごく進化してきている。催眠状態に陥ったところで、いろいろなシチュエーションが用意されているのだ。ポルノ小説やアダルトビデオのファンが自分の好みの世界を選んで作品を選ぶように、SМ、フェチ、いろんな状況が用意されている。たとえば男性向けのものには、複数の少女たちに誘拐され、よってたかって性的ないじめ、辱めを受けるという、Мッ気の強い男性の理想の状況が設定されていたりする。中には男性が強制的に女性化されてレイプされたりする、女性向けやSF的な設定のものもある。
 つまり、催眠状態で、自分の願っていた状況や設定で性感を刺激されるのが可能なわけだ。催眠オナニー専門の作家が輩出していて、それぞれファンを集め、有料のソフトがバンバン売れているようだ。私のような売れないポルノ作家など「もう小説の出番じゃないなあ」と悲観的になってしまうぐらいだよ。
 ただ、誰もが催眠オナニーで快感を得られるわけではない。「聴いてるうちに眠ってしまった」という声も多い。ぼくも幾つかのソフトを試してみたが、セクシーな声で耳をくすぐられてゾクゾクするぐらいまではいったけれど、快感までは得られなかった。素質もあるんだろうね。でもドライオルガスムスまで行った利用者がいるのも事実。興味がある人は試してみたらどうだろうか。

| | コメント (0)

精子を救うビジネスチャンス

 先日、ショッキングなドキュメント番組を見た。NHKが放送した『ニッポン“精子力”クライシス』。去年、「西欧四カ国の男性の精子が40年で半減した」という報告がなされたのをもとに、「では日本はどうなのか」と調査したもの。いやはや、驚くなかれ、日本の男性の精子は西欧人よりもさらに劣化していることが分かったのだ。
 番組のなかでは、これから子供を欲しいという男性を検査したところ、6人に1人が「このままでは妊娠させる能力がない」と判定されていた。妊娠させるためには、まず精液中に含まれる精子の数が大事だが、これが全体的に少なく、世界でも最低レベル。しかも元気に運動していなければならないのに、みんなぐったりしている。運動率も低いのだ。さらにDNA(遺伝子)が壊れている奇形精子も多く、これではたとえ妊娠させても健康な子供ができにくい。「少子化」が叫ばれているけれど、男たちの精子がこんな三重苦状態にあっては、そりゃあ子供が生まれなくなるのも当然だ。
 番組の中では、精子の劣化の原因を追及していたが、どうも生活環境の変化が問題らしい。たとえば肥満、喫煙、飲酒、不規則な生活習慣、各種のストレス……。唯一の救いは、「あんたの精子ダメダメ」と言われた男性たちも、食生活を変えたり生活のリズムを変えることで、元気な精子をとり戻せるということ。絶望するには早いのだ。
 ところで、この番組を見てて「へえ」と思ったのは、例えば「睾丸をぴったり包むブリーフ状の下着」とか「椅子に座って暮らす」ということが、精子を劣化させる原因の一つだということ。睾丸のなかで作られる精子が熱に弱いということはよく知られているが、下着や椅子という何気ないモノが「少子化」の原因になってるんだね。下着は分かるけれども、椅子はどうしてか、というと、睾丸が常に圧迫されて熱が逃げない状態にあるからだ。とはいうものの胡坐(あぐら)をかいて仕事も出来ないしねえ。
 というところでピピッと閃いたのだよ。「睾丸の熱を逃す冷金椅子」を作ればいいのだ! 椅子の場合、洋式便器の便座のように尻の部分が穴になっていて、そこからファンで空気が吹き付けられるような仕掛けを付ければいい。これだけ危機感が高まれば、「精子改善グッズ」は注目される。これは絶対、ビジネスチャンスだと思うけれど、どうかなあ。

|

女装者のオナニー研究

 ここんとこ、これまで公言したことのない自分の「恥ずかしい趣味」を書いてきたので、もう一つ、恥をさらしてしまうことにする。
 ぼくがネットをやり始めてから熱中するようになった分野の一つが「女装」だった。女装と言っても、ぼくが惹かれるのはセーラー服の似合うような美少年か美青年で、しかもちゃんと勃起して射精できる者に限定される。つまり「ペニスを持った美少女」だと自分で錯覚してしまうような女装子(じょそこ)さんに夢中になってしまうんである。
 ネットでは大勢の女装子さんが美しく、かわいらしく変身した自分の姿を自撮りしてアップしているサイトがいくつもあるが、そういった中で一番よく見るのが、オナニーを見せてくれるサイトだ。これがまあ、ぼくの隠された趣味の一つ。ふつうの男性のオナニー姿にはまったく興味がないんだけどね。
 乳房と下腹部以外はどこから見ても女性としか思えない生き物が、夢中になってオナニーに耽っている時の妄想がどんなものか、それを想像しながら眺めるというのは実に楽しいものである。
 そこで気がついたのは、彼女(だね)たちの多くは、手でペニスを刺激する以外の方法を使うことが多い、ということ。それはほとんどの女装子さんがアナル感覚に目覚めているからだろう。男性だけが持つ前立腺を直腸の側から刺激すると、独特の快感が得られ、ペニスを刺激しなくてもオルガスムスに達し射精できることはよく知られているが、バイブレーターやディルドー(張型)を用いてアナルオナニーを行ない、手を使わずに射精できる子が実に多い。ぼくは自分では女装しないしアナル感覚が無いと思っているから、そういう彼女たちの姿を見ると羨ましくて「今度生まれてきたら、絶対女装子になるぞ」と思っちゃうぐらいだ。
 で、今しがたそういうオナニー画像を見ていたら、手を使わないオナニーの新しい技法を発見した。立ったままなのだけれど、自分の睾丸とペニスをぴったり合わせた腿の間からうんと真後ろへ突き出して、お尻をぷるぷる震わせるやり方。ペニス本体は腿に触れていないのに、それだけで射精してしまう。うーん、こういうのは初めて見たぞ(ぼくが知らないだけかも)。いや実に恥ずかしくも愉しい、秘密の趣味に耽りつつ真夏の夜は更けてゆくのであった。
(文章だけでは分かりにくいので、実行している動画をキャプチャーしてアップしておきます。動画で見たいかたは自己責任で下記リンクを参照してください)
Photo
https://eroticdaysnishisazabu.tumblr.com/post/176255373139

| | コメント (0)

猛暑の夏は濡れフェチだ!

 いやあ、こんな暑い夏は初めてだ。これだけ暑いと脳ミソまで溶けた感じで、もうエロいことも考えられなくなりそうだ。
 とはいえ、何とか夏向きのエロはないかと考えていたら思いついた。これなら涼しい。何を隠そう、このぼくがハマってるフェチの一つなんだが、恥を晒して紹介しておこう。
 簡単に言えば「濡れフェチ」ということになるかな。英語では「ウエットルック」と言うのだけれど、女性の濡れた体に欲情する性癖のこと。しかし裸ではダメで、何かを着せた状態で濡れてくれないとダメなフェチを言う。
「海水浴場に行けば、水着の女が濡れてる状態でワンサカいるじゃないか。それで満足すればいい」と思うだろうが、ぼくのような濡れフェチのベテラン(というのもヘンだが)は水着ぐらいじゃそそられないのだ。もともと濡れるための衣類なんだから面白くも何ともない。ふだんは濡らさない衣服が濡れてしまうところが興奮するツボなんである。
 ぼくの場合、外国のウエットルック専門誌を見たせいだろうと思う。今ならネットで「ウエットルック」というキーワードで検索すればいっぱいブログや記事や写真が見つかるけれど、それ以前はなかなかそういう専門誌は珍しかったはずだ。下着姿のもあれば、ドレスアップした姿もある。そんな淑女たちが浴槽やプールに飛び込んだり投げ込まれたりして、ビショビショになってる姿を見て喜ぶ男たちが大勢いて、何を隠そうこのぼくも、そういう性癖の持ち主だと気づかされて、おおいに驚いたものだ。
 ぼくはスリップや薄いワンピースドレスのような、濡れてしまうとブラもパンティもぴったり肌に密着し、乳首やヘアーがクッキリと見えてしまうという状況が一番の好みである。今の季節だと白い夏のセーラー服の少女たちの一団に突然にわか雨が降り注ぎ、ずぶ濡れになった彼女たちが逃げまどう姿なんか見られたら、これはもう極楽にいるような気分になるだろうね。まだ一度も見たことがないけど。
 台風や豪雨のニュースで、雨に濡れた通行人が困っている姿がよく画面に映しだされる。その中にびしょ濡れの少女とかOLなどがしつこく映っていると、思わず「このカメラマン、おれと同じ!」と喜んでしまう、困ったおっさんがぼくなのだ。
(画像は欧米のウエットルックマニアのブログより転載)
Jef1s

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年11月 »