« 猛暑の夏は濡れフェチだ! | トップページ | 精子を救うビジネスチャンス »

2018年9月 8日 (土)

女装者のオナニー研究

 ここんとこ、これまで公言したことのない自分の「恥ずかしい趣味」を書いてきたので、もう一つ、恥をさらしてしまうことにする。
 ぼくがネットをやり始めてから熱中するようになった分野の一つが「女装」だった。女装と言っても、ぼくが惹かれるのはセーラー服の似合うような美少年か美青年で、しかもちゃんと勃起して射精できる者に限定される。つまり「ペニスを持った美少女」だと自分で錯覚してしまうような女装子(じょそこ)さんに夢中になってしまうんである。
 ネットでは大勢の女装子さんが美しく、かわいらしく変身した自分の姿を自撮りしてアップしているサイトがいくつもあるが、そういった中で一番よく見るのが、オナニーを見せてくれるサイトだ。これがまあ、ぼくの隠された趣味の一つ。ふつうの男性のオナニー姿にはまったく興味がないんだけどね。
 乳房と下腹部以外はどこから見ても女性としか思えない生き物が、夢中になってオナニーに耽っている時の妄想がどんなものか、それを想像しながら眺めるというのは実に楽しいものである。
 そこで気がついたのは、彼女(だね)たちの多くは、手でペニスを刺激する以外の方法を使うことが多い、ということ。それはほとんどの女装子さんがアナル感覚に目覚めているからだろう。男性だけが持つ前立腺を直腸の側から刺激すると、独特の快感が得られ、ペニスを刺激しなくてもオルガスムスに達し射精できることはよく知られているが、バイブレーターやディルドー(張型)を用いてアナルオナニーを行ない、手を使わずに射精できる子が実に多い。ぼくは自分では女装しないしアナル感覚が無いと思っているから、そういう彼女たちの姿を見ると羨ましくて「今度生まれてきたら、絶対女装子になるぞ」と思っちゃうぐらいだ。
 で、今しがたそういうオナニー画像を見ていたら、手を使わないオナニーの新しい技法を発見した。立ったままなのだけれど、自分の睾丸とペニスをぴったり合わせた腿の間からうんと真後ろへ突き出して、お尻をぷるぷる震わせるやり方。ペニス本体は腿に触れていないのに、それだけで射精してしまう。うーん、こういうのは初めて見たぞ(ぼくが知らないだけかも)。いや実に恥ずかしくも愉しい、秘密の趣味に耽りつつ真夏の夜は更けてゆくのであった。
(文章だけでは分かりにくいので、実行している動画をキャプチャーしてアップしておきます。動画で見たいかたは自己責任で下記リンクを参照してください)
Photo
https://eroticdaysnishisazabu.tumblr.com/post/176255373139

|

« 猛暑の夏は濡れフェチだ! | トップページ | 精子を救うビジネスチャンス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。