« 和服美女のお尻エロ | トップページ

2019年1月26日 (土)

冬の官能的フードはカキだ!

 やはり冬だねえ。当たり前なんだけど「ううう、寒い!」と思う日々が続く。ぼくは北海道の最北端で生まれたので、東京の冬の寒さなんか故郷に比べれば熱帯みたいなものだけれど、やはり中高年になると、寒風が吹く屋外にあんまり出たくなくなる。年はとりたくないもんだ。
 そういう苦手な冬でも、楽しみというのはあるもんで、ぼくの場合は牡蛎(カキ)を食べることである。食べ物にだってエロいものとエロくないものがある。エロい食べ物のナンバーワンは、やはりカキだろう。殻を剥くとポロリと現われる、ツヤツヤと白くてムチムチしてふっくらとした身は、まさに服を脱がして全裸にした女性の肉体を連想させるではないか。それにレモンをふりかけて生でツルリと啜りこむもよし、鍋でサッと煮てプワッとふくらんだのをポン酢で味わうもよし。日本酒もいいがきりりと白ワインもあう。カキを思う存分食べられることで、寒い冬を乗り越える元気も蓄えられるというものだ。
 その「元気」だが、カキは「海のミルク」というぐらい栄養が豊富だ。ビタミンもミネラルもたっぷり。だから精力をつけるのに絶好の食物とされる。中でも男たちに役立つのは、微量元素として含まれる「亜鉛」が多いことだ。
 ふつう「亜鉛」なんてあまり気にしないだろうけれど、男性のセックスには非常に重要な元素だということはもっと知られていい。これがないと元気な精子は作られないし、性欲も薄れる。どうやら脳のなかの性欲を司る部分で重要な働きをしているらしく、亜鉛が不足してくるとセックスの意欲が無くなる。さらに髪の毛も薄くなる、と言われている。
 こんな重要な栄養素が、カキを二粒食べるだけで足りてしまうのだ。しかも生でも焼いても煮てもフライにしても、どうやって料理しても旨みが失せることはない。カキを食べずに冬を過ごしてしまうのは実に愚かなことだ。別にセックスのことばかり考えなくても、冬はたっぷりとカキを食べて過ごしたいもんである。
 そうそう、カキに含まれている亜鉛は、味覚を保つという重要な働きもあるのだ。舌にある味蕾の新陳代謝に不可欠で、不足すると味が分からなくなり食欲も失せる。ぼくも最近、インフルエンザにかかって熱のために味覚がバカになった。何を食べてもおいしくない。そういう時、生きのいいカキを食べるとすぐにもとに戻ったよ。カキは偉大だ!

|

« 和服美女のお尻エロ | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。