« 写真の目玉で浮気がバレた! | トップページ | ペニスは射精しないと小さくなる!? »

2019年1月26日 (土)

最強のエロSNSが消えた!

「タンブラーがエロを全面禁止!」というニュースがネット上を駆け巡った。それを目にしたぼくは、驚きのあまりしばらく呆然としてしまったよ。
「タンブラー」(tumblr)とはアメリカで運営されているミニブログ型SNS。無料で自分のアカウントを登録でき、そこに画像、動画、テキストなどをアップできる。基本的には三大SNSのツイッター(twitter)とほぼ同じようなものだが、ぼくのようなエロ大好き人間にとって最もありがたかったのは「幼児ポルノのような非人道的なものを除けば、どんなエロでもOK」という点。しかも他人がアップした画像や動画をリブログというボタンを押すだけで、自分のブログに取りこめる。
 おかげでぼくは、世界中のありとあらゆるエロ活動(もちろんぼく好みのSМ、フェチ、女装系が重点)に関する画像や動画を収集することができた。いや最近は、性的なものの投稿に厳しい他のSNSはそっちのけで、タンブラーを見るのだけが楽しみだったね。それは他のSNSのように他人と交流する必要が無い、面倒臭い人間関係から逃れられるという利点のせいもあった。実際、フォロアーも何百人とできたけど、一度として誰かから何かを言われたことがない。
 しかし、エロに関してほとんど制限が無いものだから、時に児童ポルノの画像がアップされたりする。しかも著作権については何の規制もない。たとえばぼくが自分の撮影したSМ画像をアップすると、それを気にいった同好の士がリブログし、それがまた誰かにリブログされて……というふうに、あっという間に世界のあちこちに広がってしまう。まあ人に見せたくて投稿するんだからそれはいいんだけど、ちゃんとした作品を作ってるアーティストにとっては困ったSNSであったろう。
 そんなこんなで現在の運営会社ヤフーがついに業を煮やし「この12月17日で一切のアダルト画像の投稿を禁止する」と発表したのだ。エロのオアシスとも呼ばれたタンブラーが自分でオアシスを潰したわけだ。うう、ぼくが世界に広めた自作SМ画像何十枚も一瞬にして消えてしまう。寂しいねえ。これからは、タンブラーに変わるエロ系SNSをまた探さなくちゃ。

|

« 写真の目玉で浮気がバレた! | トップページ | ペニスは射精しないと小さくなる!? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。