« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月20日 (日)

ショッピングモールの純粋階段

私は小田急線をめったに使わない。先日、代々木上原に行った帰り(行きは地下鉄・千代田線を使った)に新宿駅西口に降りた。たぶん初めてだと思う、JR南口に至るショッピングモール「モザイク通り」を抜けようとしたら、まん中あたりで足が止まった。

「こ、こ、これは……ひょっとしたら……純粋階段?(0_0;)」

モールの片側に階段があり、四段ほど上がると数歩歩いて、今度は下り。降りたところは……上がったところと同一平面。
そういう「ただ上がって降りるだけの目的しかない階段」を、トマソン学では「純粋階段」という。赤瀬川原平氏が発見した「四谷の純粋階段」がつとに知られているが、この世の中、いたるところに純粋階段は存在している。
しかし、そんなものが、大勢の人間がゾロゾロ歩いている繁華街のショッピングモールのど真ん中にあるとは……。

見て分かるとおり、何の役にもたっていない。ショーウインドウのなかの品物を見るにしても、もとの平面であったほうが見やすいぐらいだ。
何かの役に立つとしたら……うーん……いくら考えても分からない。

調べてみると、トマソン研究者の間では、この純粋階段は早くに気付かれていたようだ。その数年前の写真を見ると、手すりの側面についていたガラスは透明であった。それが今は半透明。ちゃんと手入れ管理がなされているのである。

ひとつ考えらえるのは、この下になにか隠したい、排除できない突起があるのではないかということ。それを覆うためにやむなく階段を作った……とすれば、分からないでもないが、さあ、果たしてどうだろうか。


2


Photo


2010年6月 8日 (火)

高所恐怖人の悪夢

私は高いところに登るのが好きである。ただし、足場がしっかりしているなど、転落する恐れが少ないところ——という条件で。
落ちるから怖い、ということもあるが、危険性が高いところでは「あと一歩踏み出せば」「握ってるこれを離せば」現世とおさらばできる。おさらばしたい誘惑に駆られ、負けるのが怖いのかもしれない。
そういう高所は、下から撮影してるだけでなんか背筋がゾクゾクしてきて、足がむずむずする。
都会はそういう場所が案外多い。東京タワーには床が素通しのガラスになった場所があって、そこに立つとさすがに怖い。

さて先日、神宮外苑を歩いていると、ふと照明塔が目についた。国立競技場を照らす照明塔である。ずいぶん高いところにある。
そこに上ってゆくのはエレベーターではないらしい。望遠で撮ってみると、ハシゴが鉄塔にとり付けられている。作業員はここを登ってまた降りてくるのだ。

うーん、なにか寒気がしてきた。足先がむずむずする。私には無理だ。命綱をつけても無理だ。

Za100502474ladder

Za100502475ladder


2010年6月 7日 (月)

このナンバープレートは……?

どうも twitter のほうが忙しくなって、ブログがおろそかになりがち。 twitter やってる人は皆さん、そのようですが。
あまり更新しないと忘れられちゃうので、Twitpic のネタですが。

西麻布で走っていたクルマ。ふつーの国産車ですけど、ナンバープレート見たら「あれ」と思いました。港区は各国外交官の○に外の字が入ったナンバープレートはよく見かけるんですけど、こういうアルファベット(OVA)というのは、私も初めて見ました。

クルマが出てきたのは「ハーディ・バラックス」。一般には「赤坂プレスセンター」と呼ばれていますがれっきとしたアメリカ陸軍の連絡ヘリ基地。中にはアメリカ政府や軍のスパイ組織、秘密活動組織があるのでは……と疑われています。
つまり、このクルマは在日アメリカ軍が使用している公用車のナンバープレート。OVAはOfficial Vehicle of Armyの略かと言われています。
基地周辺の住民には珍しくないのでしょうけどね。実は米軍基地は都心にもあるんですよ。

Za100502512numberplate


(↓ハーディ・バラックスのゲート。クルマはここから出てきました)


Base01


« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »